【ドキュメントを綺麗に作成】Wordの「アウトライン」と「スタイル」で長文作成を効率化

本日は、【ドキュメントを綺麗に作成】Wordの「アウトライン」と「スタイル」で長文作成を効率化をみなさんに紹介していきます。

Wordの基本的な使い方は文字を入力するだけですが、綺麗なドキュメントを作成するにためにはいくつかのコツがあります。

今回は、その3つ目のコツである「アウトライン」と「スタイル」で長文作成を効率化する方法を紹介していきます。
3つのコツを知ることでWord初心者の方でも綺麗なドキュメントを作成することができるようになります。

スポンサーリンク

Wordの「アウトライン」と「スタイル」で長文作成を効率化

 

長い文章をWordで作成している方も多いと思います。

長いドキュメントを作成していく場合は章節で文を区切りましょう。区切りは<第1章><第1節>とテキストで入力するだけでも非常にわかりやすくなります。さらに、フォントや文字色、文字サイズなどを変えていくことで文章にメリハリがつき見やすくなります。

ただ、手動でこれらを変更するのは面倒ですよね。

そこで、便利なのが今回紹介する「アウトライン」や「スタイル」といった機能になります。この2つ機能を使うことにより事前に設定したフォント、文字色、文字サイズに一発で変換することができるようになります。

ということは、作業の手間が省けるので作業効率が必然的に上がることになります。

また、章節の書式を「第1章」から「part Ⅰ」というように変換することも可能になります。

なので、是非今から紹介する「アウトライン」と「スタイル」の使い方を覚えて活用してください^^

スポンサーリンク

 

「アウトライン」を定義して書式を変更

スクリーンショット (455)

■「アウトライン」のプルダウンメニューをひらく

スクリーンショット (456)

書式を変更したい箇所を選択し「ホーム」内にある「アウトライン」ボタンをクリックします。
プルダウンメニューが表示されたら「新しいアウトラインの定義」を選択します。

■新しい「アウトライン」を定義する

スクリーンショット (457)

  1. アウトラインレベルの選択

    章、節、項などのレベル一覧で、ここから定義したいレベルを選択しましょう

  2. 番号書式の設定

    選択したアウトラインレベルの書式をここから変えられる

  3. 配置個所の設定

    選択したアウトラインレベルの配置箇所をインデントを利用し調整できる
    アウトラインの定義画面では、各見出し(アウトラインレベル)の書式や配置個所を調整しましょう

■「アウトライン」を反映させる

スクリーンショット (459)

設定した通り書式が反映されました。
もし、思い通りにならなかった場合は定義画面へ戻り定義を再度設定しましょう。

 

スタイルを登録する

■「スタイル」のメニューを表示する

スクリーンショット (461)

 

「ホーム」内にあるスタイルの右下にあるボタンをクリックすると、メニューが表示されますので、スタイルを変更したい箇所を選択しましょう

■書式を変更する

スクリーンショット (462)

「スタイルの変更」ウィンドウが表示されるので、フォントや文字色、文字サイズを変えて文章が見やすいデザインに変更しましょう。

スクリーンショット (464)

スクリーンショット (465) スクリーンショット (466)

Wordの基本的な使い方は文字を入力するだけと非常に簡単ですが、ただ文字を入力するだけでは読みにくいです。
そこで、レイアウトとデザイン機能を使いこなし読みやすい文章を作成していきましょう。

そうすれば、きっときれいでみやすい文章を作成することができるようになります。

 

Word「アウトライン」と「スタイル」で長文作成を効率化【まとめ】

 

■綺麗なドキュメントを作成コツ3は「アウトライン」「スタイル」を利用する

■アウトラインやスタイルを使用すればフォント、文字色、文字サイズを簡単に変更できる

スポンサーリンク

 

新しいSkitchファイル2 【綺麗にドキュメントを作成】Wordで画像やグラフの位置は「文字列の折り返し」でコントロール
新しいSkitchファイル 【綺麗なドキュメントを作成】Wordのインデントとタブでテキストをきっちり揃える方法
新しいSkitchファイル1 office2016のダウンロード版とoffice365の違いを紹介&比較!!メリットデメリットもまとめて紹介!
新しいSkitchファイル Windows office2016と2013の違いを紹介!!2016の新機能は残念

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ