【綺麗にドキュメントを作成】Wordで画像やグラフの位置は「文字列の折り返し」でコントロール

本日は、【綺麗にドキュメントを作成】Wordで画像やグラフの位置は「文字列の折り返し」でコントロールをみなさんに紹介していきます。

「Word」の基本的な使い方は文字を入力するだけで非常に簡単ですが、綺麗なドキュメントを作成するためにはいくつかの方法があります。

今回は2つ目のコツであるWordで画像やグラフの位置は「文字列の折り返し」でコントロールする方法をわかりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク

Wordで画像やグラフの位置は「文字列の折り返し」でコントロール

 

Wordでのドキュメント作成時、文字だけでなく画像やグラフを使用することがあるかと思います。

そこで、ただはりつけるだけでなく、綺麗に作成するコツはタイトルにある通り「画像やグラフの位置は「文字列の折り返し」でコントロール」を利用します。

この文字列の折り返しを使うことによってテキストの折り返し(回り込み)や配置位置の固定設定ができるようになるので、狙った場所に画像を配置できるようになります。

ちなみに、画像のサイズは「書式」内のサイズから調整することができます。

是非、今から紹介する折り返しを使い綺麗なドキュメントを作成してみてください。

スポンサーリンク

 

画像グラフを文字列の折り返しでコントロールする方法

 

早速紹介していきます。

■Wordに画像をドラッグ&ドロップで簡単挿入

新しいSkitchファイル

まず、Wordで使いたい画像がある場合は画像が入っているフォルダやデスクトップからドラッグ&ドロップでドキュメント内に挿入してみましょう。「文字列の折り返し」から設定を変えることで狙った位置に画像を配置することができます。

 

■文書内に画像を配置する

新しいSkitchファイル1

先ほど紹介した方法でドキュメント内に画像を配置しましょう。
大きすぎる場合は、「書式」の中のサイズからサイズを調整しましょう。

 

■「書式」タブから文字列の折り返し方法を選択する

新しいSkitchファイル2

画像を選択した状態で「書式」の「文字列の折り返し」を開くとテキストの折り返し方を選択することができます。

 

■配置場所を固定する

新しいSkitchファイル5

画像選択時に表示されるボタンをクリックして「ページ上の位置を固定」を選択すると画像の配置個所が固定されるようになっています。また、「文字列と一緒に移動する」を選択するとテキストの増減で画像の配置箇所が変わっていきます。

もし、そのボタンが表示されない場合は、「レイアウト」→「位置」→「レイアウトその他のオプション」から開きましょう。

 

Wordで画像やグラフの位置は「文字列の折り返し」でコントロール【まとめ】

 

■綺麗なドキュメントを作成するコツ2は「文字列で折り返し」でコントロールする

■画像はドラッグ&ドロップで挿入できる

■配置箇所は固定もしくはテキストの増減で配置が変わる設定を選ぶ

 

おすすめのoffice系記事
新しいSkitchファイル 【綺麗なドキュメントを作成】Wordのインデントとタブでテキストを
きっちり揃える方法
新しいSkitchファイル office2016のダウンロード版とoffice365の違いを紹介&比較!!
メリットデメリットもまとめて紹介!
新しいSkitchファイル1 Windows office2016と2013の違いを紹介!!2016の新機能は残念

 

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ