windows10の基本機能でLinuxが動作するようになった!!

本日は、windowsの基本機能でLinuxが動作するようになった!!を皆さんに紹介していきます。

2016年4月6日にリリースされたWindows10 Insider Preview Build 14316(64bit版)には、Windows上でLinux(Ubuntu Bash)を動作させる機能が搭載されました。

スポンサーリンク

Windows10でついにLinuxが動作するようになった!!

 

これまでWindowsでLinuxを動作させるには外部ソフトにより環境を構築しなければなりませんでしたが、今回ついに公式サポートされるということで期待を集めています。

インストール方法は、簡単でコントロールパネルから機能を有効にしてパソコンを再起動するだけ。

あとは、コマンドプロンプトでbashコマンドを入力すればUbuntuがインストールされます。

ただ、あくまでこの機能はBeta版なのでまだまだ不具合は多いと思われます。

スポンサーリンク

 

Windows10コントロールパネルからインストールする

 

  1. コントロールパネルをひらきます

  2. 「プログラム」の「プログラムと機能」をひらきます
  3. 左側にある「windowsの機能の有効化または無効化」をクリック
  4. windowsの機能画面がでたら「windows Subsystem for Linux(Beta)」にチェックをいれOKをクリック
  5. インストールが完了したら「今すぐ再起動」と表示されるので再起動を行う

これでインストールは完了です。

 

 

Bash on Ubuntu on windowsを起動する

 

  1. コマンドプロンプトを起動しましょう

  2. コマンドプロンプトを起動したら「bash」と入力してUbuntuをインストールする
  3. これでLinuxが使えるようになりました(もちろんgccなども導入可能)

 

ちなみにこの機能はInsiderPreviewのBuild14316以降のみで利用可能です。

また「設定」で開発者モードをオンにしアップデートの設定を「Fast」にしておく必要があります。

 

 

windows10の基本機能でLinuxが動作するようになった!!【まとめ】

 

  • windowsの基本機能でLinuxが動くようになった

  • コントロールパネルから簡単にインストール可能
  • ただしまだBeta版なのでまだまだ不具合は多い
スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ