パソコン初心者が読んでおくべきWindowsアプリストアの使い方

 

本日は、パソコン初心者が読んでおくべきWindowsアプリストアの使い方を紹介していきます。

Windowsアプリストアを利用することにより、スマホにアプリをインストールするようにパソコンにも簡単にアプリを導入(インストール)することができるようになります。

今後、Windowsパソコンを使っていく人は、しっかりと使い方をマスターしておきましょう^^

スポンサーリンク

Windowsアプリストアとは?

スクリーンショット (156)

Windows8以前である7までは、デスクトップアプリ(ソフトウェア)でしたが、Windows8からは、そのソフトウェアに加えて新しく利用できるようになった【Windowsアプリ】というものがあります。

アプリとデスクトップアプリ(ソフト)との大きな違いは、Windowsアプリのインストールやアップデートはスマホのアプリのように【ストア】と呼ばれるところでおこなうということです。Windowsアプリであれば【Windowsストア】でアプリのインストールやアップデートを行うことができます。

また、Windowsストアでは動画(映画など)や音楽を購入することやレンタルすることも可能です。

ただし、クレジットカードの情報を登録しておくことが必須になります。(有料アプリや動画、音楽購入の場合)

無料のアプリをインストールする場合は、もちろん登録は不要になります。

スポンサーリンク

 

Windowsストアの基本的な使い方

 

■ Windowsストアへ行くにはスタートメニューを開き【ストア】を左クリック

 

スクリーンショット (152)

■ アプリをインストールする

スクリーンショット (153)

スクリーンショット (158)

トップメニューへいくと様々なアプリや動画(映画や海外ドラマ)や音楽が表示されています。
ここで、好きなもの左クリックしてインストールするか、もしくは、検索ボックスから自分がインストールしたいアプリを探してみましょう。

インストールしたいものが見つかったら左クリックし無料アプリの場合は《無料》のボタン部分を左クリックすればインストールが始まります。

 

■ アプリの更新・アンインストール方法

スクリーンショット (157)

アプリストアの《アカウントアイコン(丸で囲まれた人マーク)》をクリックするといくつか項目がでてきます

設定へすすみましょう

新しいSkitchファイル4

 

設定へ進むとアプリを自動的に更新があるのでオンにしておくと便利です

スクリーンショット (161)

また、アプリが不要になった場合はアンインストールしておきましょう
アンインストール方法
Windows10でアプリをアンインストール(削除)する方法で紹介しています

 

■ 有料コンテンツ(アプリや映画、音楽など)購入時のカード登録方法

新しいSkitchファイル3

Windowsストアの《アカウントアイコン》をクリックし、《お支払方法》とあるのでクリックしてください

ブラウザでMicrosoftアカウントのページが開かれます。

《支払いオプション》の追加とあるのでクリック

スクリーンショット (163)

クレジットカードを選択し次へをクリック

スクリーンショット (164)

あとは、クレジットカード情報を入力して登録しておけばOK

スクリーンショット (165)

 

■ インストールしたアプリを使う

インストールしたアプリは、スタートメニューを開き使うことができるようになります。

スクリーンショット (167)

最初は、スタートメニューの《最近追加されたもの》に表示されますが、後々表示されなくなるのでスタートメニューのメイン画面の部分へ表示させるようにしておくといいかもしれませんね。

スタートメニュー→すべてのアプリ→メイン画面に表示させたいアプリをドラック&ドロップする

スタートメニューに表示させる詳しい方法は
Windows10のスタートメニュータイル追加とサイズ変更設定で紹介させていただいています。

 

Windowsストア使い方【まとめ】

■ スマホのようにパソコンへアプリをインストールすることができる

■ アプリだけでなく、映画や音楽、海外ドラマまで充実している

スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ