Windowsパソコンでメールが送れない時の対処法

本日は、Windowsパソコンでメールが送れない時の対処法をみなさんに紹介していきます。

送ったメールが英語のメッセージ付きで戻ってきてしまうことがあったりしてメールを送れないということがあると思います。英語でメールが返ってきた場合は英語で届かなかった原因が書かれています。

これは、なんらかの原因で宛先の相手にメールが届かなかったことを教えてくれたりしています。そのほかにも様々なメールの送れない原因はあるのでそんなときの対処法を紹介しておきましょう。

スポンサーリンク

パソコンでメールが送れない時のよくある原因

メールが送れないときというのは、色々な原因があると思います。先ほど冒頭でもいいました英語でメールが返ってくるというものだったり。(英語で送れなかった原因がかかれています)

よくある原因としては、

・アドレスの入力ミス

です。かなり初歩的ですが、送れないよくある原因の1つです。

ドット(.)とカンマ(,)ハイフン(-)アンダーバー(_)などを間違えて入力していないかもう一度よく確認するようにしてください。

スポンサーリンク

 

その他パソコンのメールを送れない原因

 

そのほかに考えられる原因は

・添付ファイルのサイズが大きすぎる

という可能性も考えられます。添付ファイルの数が多い場合は添付ファイルを1つずつ送ってみるなどサイズを考えてメールを送ると解決することもあります。

もしくは、ファイルを圧縮してサイズを小さくして送ると送ることができます。

 

相手側の原因でパソコンでメールが送れない事もある

 

相手のメールサーバーが受信でいっぱい、もしくはトラブルで受信できなくなっていることもあります。

また、相手がメールを別のアドレスへにも転送する設定にしていると、転送時のエラー通知がそのままこちらに戻ってきてしまうこともあります。

この場合は、もとの宛先にはきちんとメールが届いています。

もし、宛先が携帯電話のアドレスの場合は、相手がパソコンなど携帯電話以外のからのメールを受信拒否にする設定にしていることが考えられます。

この場合は、相手にいって設定を変更してもらうか受信できるようにあなたのアドレスを受信許可にする設定変更をしてもらうといいでしょう。

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ