Windows10のアカウントのMicrosoftアカウントとローカルアカウントの違いとは

account-1293744_640

本日は、Windows10のWindowsのアカウントのMicrosoftアカウントとローカルアカウントの違いとはをみなさんに紹介していきます。

Windows10を使っているとMicrosoftアカウントとローカルアカウントの違いってなんだろうと疑問に思ったので、今回はその違いを調べてみましたので、その違いについて意外とわからないと思う人は多いと思うのでみなさんに紹介していきます。

スポンサーリンク

Win10のMSアカウントとローカルアカウントの違い

今回は、Microsoftアカウントとローカルアカウントの違いについて調べてみましたので、わかりやすくみなさんに紹介していきます。

実際、Windows10を使ってその違いって何だろうと思った方もいらっしゃると思いますが、結局そこまでの違いって何かあるのかな!?くらいではっきりと調べたことがないと思います。

そこで、今回は僕がその違いについて調べましたのでご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

Windows10のMSアカウントとローカルアカウント

マイクロソフトアカウントを作成しなかった場合、「ローカルアカウント」を使用することになります。

ローカルアカウントは、パソコンごとに設定が必要なアカウントになり、複数のパソコンを使う場合は、設定を同期することができません。

また、Microsoftのアプリを使うときに個別にサインインが必要になります。
そのため、Windows10を使用するときはMicrosoftアカウントでのサインインをおすすめします。

Microsoft アカウントとは

Outlook.com、Hotmail、Office 365、 OneDrive、Skype、Xbox、または Windows を使ったことはありますか?これらのサービスで使うメール アドレスとパスワードが、Microsoft アカウントです。これらのサービスを使ったことがない場合は、 Outlook.com で無料のメール アカウントを簡単に作成でき、そのアカウントを新しい Microsoft アカウントとして使うことができます。

Microsoft アカウントを使うことで、Windows ストアのアプリやゲームにアクセスすることができます。また、複数の Windows 10 デバイスで、設定や他のデータを確認することもできます。 Microsoft アカウントのメリットについて詳しくは、こちらをご覧ください。

引用:マイクロソフト公式サイト

MSアカウントとローカルアカウントの大きな違いとは
  • Microsoftアカウントでのサインイン

    サインイン時にMicrosoftアカウントが必要なとき
    サインインが必要なアプリでもすぐに使用することができる

    違うパソコンでもMicrosoftアカウントでサインインすれば設定などが自動同期する

  • ローカルアカウントでのサインイン

    メールアカウントは不要で、ユーザー名とパスワードだけでもサインインできます

    サインインが必要なアプリは個別にアカウントの設定が必要になる

    ローカルアカウントは、不便な点もありますが意図的にアプリの使用を制限するという使い方もできます

Windows10でユーザーアカウントを追加する方法(ゲストアカウント編)

 

Win10のMSアカウントとローカルアカウントの違い【まとめ】

 

■MSアカウントがあればサインインが必要なアプリもすぐに使うことができる

■MSアカウントがあれば違うパソコンでも同じ設定で使用することができる

■ローカルアカウントは不便な点が多いですが、アプリなどの使用を制限するという使い方も可能にする

スポンサーリンク

 

その他のアカウントに関するおすすめ記事

Windows10Microsoftアカウントのアカウント画像を設定する方法|デフォルト画像に戻す方法

Windows10でユーザーアカウントを追加する方法(ゲストアカウント編)

Windows10でユーザーアカウントを追加する方法(家族共有子供編)

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ