Windows10 creators updateを手動で行い問題がないか検証してみた

以前から記事でお伝えしていたように、クリエイターズアップデートを行ったら記事を書こうと思ったので今回はクリエイターズアップデートを手動で行ってどうだったのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク

Win10のクリエイターズアップデートを行ってからのレビュー

実際に「更新アシスタントツール」を使ってクリエイターズアップデートを手動で行ったところ、今までに起きなかった問題が1つだけ発生しました。ただし、現在は問題は解決しました。

 

実際に以前Win10の更新アシスタントをインストールしてアップデートする方法と注意点でも紹介しましたが、更新アシスタントツールを使ってアップデートを行うと「ソフトウェア構成により動作に不具合がでる」可能性があるといいました。

 

ただ、その関係のある不具合なのかは未だに定かではありませんが、Googlechromeをメインブラウザで使っている私の、Googlechromeで何度も動作しなくなりまったく使い物にならなくなってしまいました。

スポンサーリンク

 

困っていたところ、再度Windows10の更新プログラムがあったのでアップデートするとその問題も解決し現在は通常通り動作してくれています。

 

手動で行った理由は「マイクロソフト」から順次送られてくるアップデート通知が一向に来ないという理由と、まずは私が試してみて手動アップデートはどうなのかということを検証したかったという理由がありました。

 

結果今の時点で問題なく動作しているので、少しでもクリエイターズアップデートを行いたい方は試してみてもいいのではないのかなと思いました。

 

ただし、PCの環境によってもどうなのかということはわからないのであくまで自己責任でお願いいたします。

 

まとめ

不具合などが怖いという人は「マイクロソフト」からのアップデート通知を待ちましょう。

少しでも早くクリエイターズアップデートを行いという人はWin10の更新アシスタントをインストールしてアップデートする方法と注意点を参考にクリエイターズアップデートを行ってみましょう。

 

次回の記事では、クリエイターズアップデートを行ったあとの初期設定について書いていきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ