Windows10の設定画面をショートカットキーで表示する方法ともう1つの方法

本日は、Windows10の設定画面をショートカットキーで表示する方法ともう1つの方法を紹介します。

設定画面は、なにかとよく使う項目ですよね。

しかし、通常はスタートメニューから開くようになっていますが、そのひと手間が面倒だという方もいるかもしれないのでショートカットで開く方法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows10の設定をショートカットで表示する

 

【設定】は、なにかとよく使う《項目》だと思います。

何かの設定を行う時は、必ず開かなければいけません。

通常は、スタートメニューから設定を開いていくとおもいますが、これって無駄な手間だなと感じている方も多いかもしれません。

そこで、今回は、設定を簡単に開くことができる方法を2つ紹介していきます。

この方法を使うことで、すぐに設定を開き、無駄な手間を省くことができるようになります。

スポンサーリンク

 

Windows10の設定をショートカットで表示する2つの方法

 

1つ目の方法

 Windowsキー+「i」キーを同時に押す

Windowsキー+「i」キーですぐに設定画面を開くことができるようになります

一瞬で開くことができるのですごく便利になります。

 

2つ目の方法

 設定画面をタスクバーにピン留めする

スクリーンショット (168)

これもワンクリックで設定画面を開くことができるようになります。

やり方は簡単で、まず設定画面を開きましょう

次に、設定画面を開くとタスクバーに設定アイコンが表示されているので設定アイコンの上で【右クリック】します

【タスクバーにピン留めする】とあるので左クリックするだけでタスクバーに固定されました。

 

以上が簡単に設定画面を開く方法になります。

 

Win10設定をショートカットで表示する方法【まとめ】

設定画面は、なにかとよく使うもの、すぐに表示できるようにするべき

■ Windowsキー+「i」キーでショートカットキー

■ もしくは、タスクバーにピン留めしておく

スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ