Windows10のよく利用するデスクトップアイコン(ショートカット)を作成する方法

本日は、Windows10のよく利用するデスクトップアイコン(ショートカット)を作成する方法をみなさんに紹介していきます。

よく使うアプリやソフトでもデスクトップにアイコン(ショートカット)として存在していないものってありますよね。本日は、そんなよく使うソフトやアプリのデスクトップのショートカット作成方法を紹介していきます。

アイコン(ショートカット)を作成しておくことですぐに起動できるようになるのでおすすめです。

スポンサーリンク

Win10でよく利用するソフトやアプリのショートカットを作成すると

今回、冒頭でもいいましたがよく使うアプリやソフトのデスクトップアイコン(ショートカット)を作成する方法について紹介していきます。

アイコン(ショートカット)を作成すればいちいちスタートメニューを開かずに起動させることができるようになりますのでめちゃくちゃ便利になります。

しかも、作成する方法は非常に簡単なので、まだよく使うアプリやソフトのアイコン(ショートカット)を作成していない方は是非試してください。

スポンサーリンク

 

Win10ソフトやアプリのアイコン(ショートカット)を作成する

 

すぐにショートカットを作成して便利に起動させましょう。

Windows10のアプリ・ソフトのショートカットを作成する

■スタートメニューを開きましょう

 

スタートメニューを開くとタイルが並んでいると思います。

タイルはよく使うアプリなどを並べていると思いますが、いちいちスタートメニューを開かなければいけないので非常に面倒になります

 

■タイルのショートカットを作成したいアプリの上で右クリック

新しいSkitchファイル

ショートカットを作成したいアプリの上で右クリックしましょう

メニューがでてくるので「その他」→「ファイルの場所を開く」をクリックしましょう

 

■ショートカットを作成する

新しいSkitchファイル1

ファイルの場所が開かれるのであとは「アプリ」の上で右クリックしましょう

そして「ショートカットを作成する」をクリックすればショートカットがデスクトップに作成されます

新しいSkitchファイル2

 

ソフトもこれと同じでファイルの場所を開きその「ソフト」の上で右クリックしメニューから「ショートカットを作成する」をクリックすれば作成されます

 

Win10でよく利用するソフトやアプリのショートカットを作成する【まとめ】

 

■スタートメニューをいちいち開いて起動するのは面倒くさい

■デスクトップにショートカットを作成すればすぐに起動することができる

■ショートカットを作成していないソフトもファイルの場所を開けばすぐに作成可能

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ