Windows10のパスワード入力を省略して高速起動させる方法

本日は、Windows10のパスワード入力を省略して高速起動させる方法を皆さんに紹介していきます。

パソコンを少しでも起動を早くする方法は今までいくつか紹介していきました。今回も高速起動させる方法でもあるパスワードを省略する方法について紹介します。

自宅でパソコンを使っている方にはパスワードはただ煩わしい物でしかないと思いますので、パスワード入力を省いて少しでも高速起動させたい方は是非参考にされてください。

スポンサーリンク

Win10パスワード入力を無効化(省略)して高速起動させる

 

Windows10では、起動時にセキュリティアップの観点からサインインするためにパスワードの入力が必須になりました。

しかし、自宅だけでパソコンを利用されている方は実際のところ不要に感じたりする方もいると思います。

ただし、通常の設定方法ではこれを省略することはできませんが、「ファイル名を指定して実行」から設定することでパスワードの入力を省略させることができるようになります。

もちろん、外出時にも利用するなど利用状況が変わった場合でも簡単に元に戻すことが出来ますので是非一度試してみてください。

スポンサーリンク

 

Windows10のパスワード入力を省略(無効化)する方法

 

セキュリティの観点からすればパスワード入力はあったほうがもちろんいいわけですが、少しでも早く起動したい、パスワード入力が面倒だと感じるのであれば一度は試してみるのはありだと思います。

 

  1. スタートボタンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」をひらきましょう
    新しいSkitchファイル

  2. 「netplwiz」と入力し「OK」を押します
    新しいSkitchファイル1

  3. 次に「自動サインインポップアップウィンドウ」が表示されユーザー名・パスを入力
    新しいSkitchファイル2

    チェックマークを外したマイクロソフトアカウントのユーザー名とパスワードを間違いがないように入力しOKをおします

    これで、シャットダウン時のパスワード要求は必要なくなりました。一度確認してみてください。
    しかし、スリープ時ではまだパスワード要求があると思いますのでスリープ時のパスワード要求を省略する設定方法も紹介します。

 

Windows10スリープ復帰後のパスワードを省略する方法

 

  1. コントロールパネルをひらきましょう
    新しいSkitchファイル4

    スタートボタンを右クリックしてコントロールパネルをひらきましょう

  2. ハードウェアとサウンドをクリックし「スリープ解除時のパスワード要求」をクリック
    新しいSkitchファイル5新しいSkitchファイル6
  3. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック
    新しいSkitchファイル7
  4. スリープ解除時のパスワード保護の項目で「必要としない」にチェック
    新しいSkitchファイル8

    この項目では初期設定では「パスワードを必要とする」になっていますが「必要としない」のチェック入れて「変更を保存」をクリックすれば完了です

 

以上がWindows10のパスワード入力を省略して高速起動させる方法でした

 

Win10パスワード入力を省略し高速起動させる方法【まとめ】

 

  • パスワードはセキュリティの観点では必須ですが自宅で利用する場合は必要ない

  • パスワードはセキュリティ上大切ですが、面倒であり少しでも起動速度を上げたいなら省略する
  • 元に戻したい場合は逆の手順を行えばOK
スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ