Windows10標準メールアプリで全メールを一括管理する設定と使い方

本日は、Windows10標準メールアプリで全メールを一括管理する設定と使い方を紹介します。

みなさんは、お使いのパソコンでメールの管理はどうやっていますか??

今回は、Windowsの標準メールアプリを使いメールを一括管理する使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

初心者でも楽にできるWindows10のメールソフトで一括管理

Windows10に標準で搭載されているメールソフトは非常にシンプルで使いやすいです。このメールソフトであれば初心者の方でも簡単に使用することができます。

また、OutlookやGmail、iCloudなど多くのwebメールに対応しています。あなたが持っているメールアドレスのアカウントを登録しておけば、スマホやタブレットで使用しているメールがパソコンからでも使用することができるようになっています。

その他には、プロバイダーや学校、会社などから発行されたメールアドレスも送受信設定を正しく行っていればメールアプリからも利用可能。設定方法は、メールアドレス・パスワード・送受信サーバーへの接続設定を入力するだけです。

ややこしい、メールソフトと違って、必要最低限の情報を入力するだけなのでアカウント登録がかなり簡単です。

スポンサーリンク

 

Windows10のメールソフトの設定と使い方

スタートメニューから「メールソフト」を起動させましょう

スタートメニューをいじっていなければスタートメニューのタイルに「メール」とあるはずです。

 

■メールソフトを起動する

新しいSkitchファイル

ガイダンスが表示されますが「開始」を押して設定をしましょう

新しいSkitchファイル1

 

■アカウントを追加する

新しいSkitchファイル2

例えば「Gmail」の場合は、「Google」をクリックしてメールアドレスとパスワードを入力するだけでアカウント追加が完了します。

新しいSkitchファイル3 新しいSkitchファイル5

基本的にすべてのアカウントはメールアドレスとパスワードを入力するだけで追加できます。

後々アカウントを再度追加したい場合はメールソフトの画面「アカウント」をクリックすれば追加項目があります

新しいSkitchファイル7

 

■新規メールを送信する

新しいSkitchファイル6

アカウントの上にある「新規メール」を押すと新規メールを作成することができます。
その時に注意したいのがいくつもアカウントを持っている方は送信したいアドレスのアカウントを選択し「新規メール」をクリックするようにしておきましょう

 

Windows10メールソフト設定と使い方【まとめ】

 

■Windows10に標準搭載されているメールソフトはシンプルで使いやすい

■様々なメールアカウントを一括管理できる

■パソコン初心者でもすぐに使える

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ