Windows10の変換にイライラしているならIMEのクラウド候補有効にする

本日は、Windows10の変換にイライラしているならIMEのクラウド候補有効にするをみなさんに紹介していきます。

Windows10でキーボード入力しているとうまく変換してくれず、イライラすることはないでしょうか!?

こんな言葉もうまく変換してくれないのと独り言をぶつぶつパソコンに向かって言っている方も多いのではないかなと思います。

そんな時の解決方法を今回は紹介していきます。

スポンサーリンク

Win10のキーボード入力誤変換を減らす解決方法

 

Microsoftの純正の日本語辞書は入力したい言葉をうまく変換してくれません。

なので、つい最近までグーグル日本語入力を使っていました。僕と同じようにMicrosoftの日本語入力は使えないからグーグルの日本語入力を使っているという方も多いと思います。

しかし、グーグルでもうまく変換してくれないときもあるのも事実です。

そこで、どうにかいい解決方法はないかと模索していたところ、「クラウド辞書」というものを見つけました。

この「クラウド辞書」を利用することで変換のイライラは多少なりとも解決することができると思いますので是非試してみてください。

ちなみ、「クラウド辞書」はMicrosoft IMEの詳細設定でチェックを入れるだけなので非常に簡単に設定できます。

また、グーグルを利用している方も辞書データを引き継ぐことが可能なので便利です。

スポンサーリンク

 

Win10の日本語変換をスムーズにするIMEの「クラウド辞書」の設定方法

 

クラウド辞書を有効にすると流行語などにも変換してくれるようになります。
設定後色々と試してみましょう。

 

  1. タスクバーにある「あ」もしくは「A」の上で右クリックしましょう
    新しいSkitchファイル1

    グーグル日本語入力にしてある方はIMEに変更した後に右クリックしてください
    新しいSkitchファイル

  2. 右クリックしたらメニューが表示されるので「プロパティ」をクリック
    新しいSkitchファイル1
  3. 詳細設定をクリックしましょう
    新しいSkitchファイル2
  4. 「予測入力」の項目で「クラウド候補を使用する」にチェックを入れましょう
    新しいSkitchファイル3

    予測候補を表示するまでの文字数を変更したい方はこの画面で変更しておきましょう

  5. チェックを入れたらOKもしくは適用で設定は完了です

  6. 他の日本語入力から辞書データを引き継ぐ場合

    他の辞書で登録してあるデータをテキスト形式でメモ帳などに書き出しときましょう

  7. 「あ」もしくは「A」の上で右クリックしユーザー辞書ツールをクリック
    新しいSkitchファイル4

    画面内にテキスト化したデータを入力してあげれば引き継ぎ完了です

 

Microsoft IMEの「クラウド候補」を有効にして利用してみたところ以前と比べ変換ミスがなくなったように感じます。これであればわざわざグーグル日本語入力をダウンロードしなくてもいい気がします。

ただ、若干入力時動作が遅くなったようにも感じます。ですので、動作に不満がある場合はグーグル日本語入力をおすすめします。

 

Win10の変換にイライラしているならIMEのクラウド候補有効にする【まとめ】

 

  • Windows10のMicrosoftIMEの変換でイライラしているなら「クラウド辞書」を使う

  • グーグル日本語入力よりうまく日本語入力を行うことができる
  • ただし、若干動作が重くなる場合あり
スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ