Windows10へアップグレード後にHDDの容量が異常に少ない時の対処法

本日は、Windows10へアップグレード後にHDDの容量が異常に少ない時の対処法を簡単にですが皆さんに紹介していきます。

windows7やwindows8などからWindows10へアップグレードした方は多いと思います。

うまくアップグレードできてよかったと思うのもつかの間。なぜか、HDDの空き容量が異常に少ないような・・・

実はこれアップグレード前のシステムデータが残っているから。今回はアップグレードうまく出来たけどHDDの空き容量が少ない時の対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

Win10へアップグレードしたあとHDDの空き容量が少ない

 

Windows10へうまくアップグレードできたけど、HDDの空き容量が異常に少ない!?どうして??という方がいるということで今回はその対処法を紹介します。

このHDDの空き容量が少ないという現象はアップグレード前のシステムデータが残っているのが原因です。

Windows10にアップグレードするときに重要なデータはシステムドライブの「windows.old」というフォルダに保存されます。

これは環境によってはこのフォルダのサイズが数GBに達することもあります。アップグレード後以前のOSへダウングレードすることがないという方は削除するとHDDの空き容量を確保することが可能になります。

スポンサーリンク

 

Win10からダウングレードしない場合は削除する

 

旧バージョンのシステムファイルは、通常であれば今後使うということはありません。

ただし、もう一度お伝えしますが「ダウングレード」する場合は必要なフォルダになるので注意が必要です。

Windows10が不安定な時に以前のOSへ戻すダウングレード実行条件

【Win10が不安定】ダウングレードする方法【失敗したら復元を試す】

旧バージョンのシステムファイルはシステムドライブ(通常はCドライブ)にあり、ダウングレードすることがないのであれば削除してHDDの空き容量を確保するようにしましょう。

  1. エクスプローラーへ

  2. ローカルディスク(C)へ
  3. 通常Cドライブの直下に作成されている
  4. 「windows.old」を右クリックでメニューを呼び出し、削除する

大事なことなのでもう一度いいますが「ダウングレードしない場合」だけ「windows.old」を削除してください。

一度さくじょしてしまうと二度とダウングレードできなくなります。

 

Windows10へアップグレード後にHDDの容量が少ない時の対処法【まとめ】

 

  • アップグレード後HDDの空き容量が少ないのは旧バージョンのシステムファイルが原因

  • Windows10からダウングレードしない人は「windows.old」を削除すれば空き容量を確保できる
スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ