初心者でもWindows10のバックアップを自動化し復元する方法

hard-disc-575650_640

本日は、初心者でもWindows10のバックアップを自動化し復元する方法を紹介していきます。

あなたはパソコンのバックアップはとっていますか?

僕は、最近までパソコンのデータを全く保存していませんでした。ということは、パソコンが壊れたときにデータが全部消えてしまうということです。

これってめっちゃこわいですよね。大切なデータが全部消えると困るのでしっかりとバックアップをとっておきましょう。

スポンサーリンク

Windows10のバックアップを自動化し復元する

バックアップは非常に大切です。

あなたは、あなたのスマホはバックアップを取っていると思います。それって、もしもの時に備えてバックアップを取っていると思います。(いつでも復元できるように)

でも、パソコンではどうでしょう??

以外に、パソコンのバックアップってとっていないという方は多くいると思います。

なので、今回は、Windows10でバックアップを簡単にとる方法紹介していきます。

もしもの時はいつ来るかわかりません。その時にしっかり備えておきましょう^^

スポンサーリンク

 

Windows10バックアップとる時に必要なもの

 

バックアップで必要なものそれは、

「USB」もしくは「外付けHDD」が必要です。

USBは安く購入できますが、容量の部分では外付けHDDがおすすめです。

バックアップでは必ず必要なものになるのでバックアップの時はしっかり準備しておきましょう。

おすすめは「アイオーデータ IO DATA HDPC-UT1.0KE

MacもWindowsパソコンも両方でデータを保存することができるのでおすすめです。
最近僕は購入しました。

 

Windows10でバックアップを自動化し復元する方法

 

■バックアップを開く

スクリーンショット (290)

スタートメニュー→設定→「更新とセキュリティ」内の「バックアップ」を選択します

 

■外付けHDDを登録する

スクリーンショット (293)

「ドライブ追加」からバックアップを保存する外付けHDD(もしくはUSB)を登録します

 

■バックアップのタイミングと保持期間を設定する

スクリーンショット (292)

小さく表示されている「その他のオプション」をクリックしファイルのバックアップタイミングと保持期間を設定する

 

■バックアップ対象を指定する

スクリーンショット (291)

「フォルダの追加」からバックアップの対象となるフォルダすべてを登録しておきましょう

 

■バックアップを開始する

スクリーンショット (294)

設定が完了したら「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップをしておきましょう

 

■ファイルを復元する

スクリーンショット (295)

フォルダのプロパティを開いて「以前のバージョン」タブから復元をしましょう
右クリックから一番下にあるプロパティを開くと簡単です

 

Windows10のバックアップを自動化し復元する方法【まとめ】

 

■バックアップを取る理由はデータが消えてしまった時の保険

■バックアップは自動化することで常に最新のデータをバックアップしておくことができる

■常に最新のバックアップを保存している事でいつ何があっても最新のデータを復元することができる

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ