Windows10でファイルを圧縮・解凍する方法

本日は、パソコン操作の基本でもあるファイルを圧縮・解凍する方法をパソコン初心者の方へ紹介していきたいと思います。

ファイルの圧縮・解凍とはファイルのデータ量を小さくする「圧縮」とそれを元に戻す「解凍」というものになります。

この圧縮・解凍をは仕事のメールなどでよく使ったりすると思いますので紹介しておきたいと思います。

スポンサーリンク

Windows10でファイルの圧縮・解凍をしたい

Windowsパソコンでは、「圧縮フォルダー」という機能が搭載されています。

この機能を使うと、ファイルのデータ量を小さくして複数のファイルをひとつにまとめる「圧縮」とそれを元に戻す「展開=解凍」を行うことができます。

おそらく一度は目にしたことある「Zip(ジップ)」形式という世界的に利用されている圧縮方式を使います。

ファイルを圧縮するとメールで多くのファイルやデータ量が多いファイルを添付して送ることができます。

ちなみに「圧縮フォルダー」という機能はエクスプローラー上で使います。

スポンサーリンク

 

Win10ファイルの圧縮・解凍方法

圧縮方法は非常に簡単です。

一度もやったことがない方は一度試してみてください。

 

■圧縮したいファイルを選びましょう

写真や音楽、動画などを圧縮することができます

圧縮する際は、1つだけファイルを選択することはもちろんですが、複数のファイルをまとめて圧縮することも可能です。

複数のファイルを選択したい場合はCtrlキーをおしながらファイルを選択しましょう

 

■圧縮する

新しいSkitchファイル

圧縮したいファイルの選択が完了したら「右クリック」メニューを表示させましょう

すると「送る」と表示されるのでカーソルを合わせると「圧縮フォルダー」と出てくるのでクリックすれば完了です

こんな感じで圧縮フォルダーが作成されます

新しいSkitchファイル1

 

■解凍する

解凍する場合は「Zipファイル」など圧縮されたファイルをクリックすれば解凍させることができます

 

Windows10でファイルを圧縮・解凍する方法

 

■メールなどでファイルサイズが大きいデータを送信したいときに圧縮すると送ることができる

■画像のほかに動画や音楽を圧縮してメールに添付することができる(1つだけでなく複数のファイルを送信可能)

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ