Windows10のアプリのインストール先は「すべてのアプリ」に登録されている

本日は、Windows10のアプリのインストール先は「すべてのアプリ」に登録されているをみなさんに紹介していきます。

今回紹介する内容は、Windowsパソコンをずっと使い続けている方であればすぐにわかるかもしれませんが、やはり初めて使うという方はわかりにくいかもしれません。

パソコン初心者の方でWindows10の基本的な使い方がわからない方へ、今回はアプリをインストールしたけどどこにインストールされたかわからないという質問を受けましたので今回はそのインストール先へいく方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

Win10アプリのインストール先は「すべてのアプリ」

パソコンにインストールしたアプリ(ストアでインストールしたもの)は、通常スタートメニューの左下側にある「すべてのアプリ」という場所へ登録されます。

「すべてのアプリ」をひらくとインストールされているアプリが名前順(数字→アルファベット→かな→漢字の順)でずらりと並んでいるはずです。

その中から使いたいアプリのアイコンをクリックすればそのアプリを起動することができます。また、アプリによっては、「すべてのアプリ」の中にフォルダが作成されその中に入っている場合もあります。

もし、そのアプリをよく使う場合はスタートメニューのタイルに登録するか、タスクバーといわれる画面下のバーへ登録するなどして便利に使えるようにすることをおすすめします。

Windows10でアプリを呼び出しやすくする「タスクバーにピン留め」する方法

スポンサーリンク

 

アプリのインストール先である「すべてのアプリ」の場所

Windows10パソコン初めて操作する方でもわかるように、「すべてのアプリ」の場所を紹介しておきます。

 

■スタートメニューを開きましょう

画面左下にあるWindows(新しいSkitchファイル1)マークをクリックしましょう

もしくは

キーボードにあるWindowsマークを押してください

 

■「すべてのアプリ」へ

スタートメニューを開いたら左下にある「すべてのアプリ」をクリックしましょう

先ほどもお伝えしましたが、アプリは名前順(数字→アルファベット→かな→漢字の順)で並んでいます

クリックしてすぐに起動するアプリもあれば

新しいSkitchファイル3

フォルダの中に入っているアプリもあります

新しいSkitchファイル4 新しいSkitchファイル5

新しくインストールしたばかりのアプリはここに表示されている場合もあります

新しいSkitchファイル

 

Win10のアプリのインストール先は「すべてのアプリ」に登録されている【まとめ】

 

■新しくインストールしたアプリは「スタートメニュー」に表示されている場合もある

■インストールしたアプリは「すべてのアプリ」の中にありフォルダに入っている場合もある

■インストールしたアプリをよく使う場合はタイルにピン留めするかタスクバーにピン留めすると便利

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ