Windows10のアプリ通信許可時のファイアーウォールを無効化にする方法

yes-593834_640

本日は、Windows10のアプリ通信許可時のファイアーウォールを無効化にする方法を紹介していきます。

ファイアーウォールとは不審なプログラムが勝手に通信するのを防ぐ重要な機能ですが、アプリ通信時に通信許可をうまく設定できないときは一時的に「ファイアーウォール」を無効化するのも1つの方法になります。

そこで、今回も初心者の方にもわかるようにファイアーウォールを無効化する方法をお伝えしていきます。一時的な無効化と完全に無効化する両方の方法を合わせて消化していきます。

スポンサーリンク

Win10のアプリ通信許可時のファイアーウォールを無効化にする

 

ファイアーウォールの無効化が必要な時とは、大体、利用したいアプリの通信をブロックして正常に利用できない時に行うものです。

そんな時は、利用したいアプリをファイアーウォールのブロックの対象から外すことで利用することが可能になります。

なので、ファイアーウォールを無効化し通信を許可してあげましょう。

ただし、ファイアーウォールを無効化することは非常に危険な行為になりますので、そのアプリケーションの利用が終わったらすぐにファイアーウォールを有効に戻してあげましょう。

これだけは忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

Win10のファイアーウォールを無効化にする方法

 

Windows10コントロールパネルの5つの開き方

■コントロールパネルの「Windowsファイアーウォール」を開く

スクリーンショット (288)

コントロールパネルの「システムとセキュリティ」→「Windowsファイアーウォール」を選択

 

■ファイアーウォール設定を開く

「Windowsファイアーウォールを介したアプリまたは機能を許可」をクリックします

 

■「別のアプリの許可」を開く

ファイアーウォールで管理しているプログラム一覧が表示されるので「別のアプリの許可」をクリックします

 

■アプリやソフトを選択する

「参照」をクリックし通信を許可したいアプリケーションを選択しましょう

 

選択したアプリやソフトを追加する

「追加」をクリックしファイアーウォールで管理するプログラム一覧に追加しましょう

 

■一覧で通信許可したいアプリやソフトを探します

プログラム一覧にプログラムが追加されています。通常はこれで通信が許可されている状態になります。

 

■通信できない場合 「ネットワーク」ごとの設定を変更

スクリーンショット (289)

通信できない場合は、プライベートとパブリックの両方にチェックをいれるようにしましょう

 

■許可を取り消す場合

プログラムの利用が終わったら
「削除」→「はい」をクリックしてプログラム一覧から消すのを忘れないようにしましょう

 

ファイアーウォールを完全に無効化する方法

 

■有効化、無効化の設定画面を開く

「Windowsファイアーウォール」内の「ファイアーウォールの有効化または無効化」をひらきましょう

 

■ファイアーウォールを無効化にする

プライベート/パブリック両ネットワークの「Windowsファイアーウォールを無効化する」を選択しましょう

 

■すべて通信可能になる

ファイアーウォールが無効化され、すべてのプログラムが通信可能になります

 

注意点

monster-426995_640

何度も言いますが、無効化し、利用が終わったら必ず有効に戻すようにしましょう。あなたのパソコンが危険にさらされます。

 

ファイアーウォールを無効化する方法【まとめ】

 

■ファイアーウォールとは、不審なプログラムからパソコンを守ってくれている機能

■アプリの利用でファイアーウォールを無効化したあとは有効に戻す

■アプリの通信許可をうまく設定できないときは一時的にファイアーウォールを無効化するのも1つの方法

スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ