Windows10でDVDを再生するおすすめの無料ソフト「kodi」

スクリーンショット (369)

本日は、Windows10でDVDを再生するおすすめソフト「kodi」を紹介していきます。

Windows10には「Windows media center」のようなDVD再生機能付きの純正プレイヤーがありません。

DVDを再生したい時は今回紹介する「kodi」というソフトがおすすめです。

スポンサーリンク

Windows10でDVDを再生するなら「kodi」で決まり!!

 

「kodi」は各種動画、音楽ファイルのほかにDVDも再生できるマルチメディアプレイヤーになります。

また、DLNAというものにも対応していて、パソコンだけの視聴に限らず家電やスマホへパソコン上の動画をLAN経由で配信することもできる優れたメディアプレイヤーなんです。

通常は英語なんですが日本語にも対応していて、簡単に日本語化することもできるのでその方法も合わせて紹介していきます。

Windows10のパソコンでDVDが見たいのに見れないという方は是非「kodi」をインストールしてみましょう。

スポンサーリンク

 

「kodi」の使い方と日本語化する方法

スクリーンショット (366)

「kodi」のダウンロードサイト

WindowsのパソコンであればWindowsの場合というところでダウンロードして下さい

 

「kodi」の日本語化

■インストール後「kodi」を起動しましょう

■起動後「System」へ

スクリーンショット (369)

一番右にあるシステムをクリックしましょう

 

■Systemの一番上にある「Appearance」をクリック

スクリーンショット (370)

「Appearance」をクリックすると「Skin」をクリックし「Fonts」をクリックし「Arial Based」を選択

スクリーンショット (371)

 

■「Japanese」へ言語を変更する

スクリーンショット (372)

 

「Skin」の下にある「International」の「language」を「English(US)」から「Japanese」へ変更

スクリーンショット (373)

これで、日本語化は完了です。

kodiが文字化けした場合

もし、文字化けしたという方は順番が逆になっているので「Fonts」を「Arial Based」変更後「language」を「Japanese」へ変更という順番でやりましょう。文字化けした場合は、「language」へ戻りEnglishに戻した後再度順番通りにやってみてください。

DVDを見る場合は、DVDを入れてkodiで再生すればOKです。

 

Windows10でDVDを再生するなら「kodi」【まとめ】

 

■win10でおすすめする無料で使えるDVDプレイヤー

■音楽や画像も再生させることが可能

■インストール後は日本語化すると操作しやすい

 

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ