Windows10のタスクバーの便利機能をチェックしよう【名称紹介】

本日は、Windows10のタスクバーの便利機能をチェックしよう【名称紹介】をみなさんに紹介していきます。

今回は、Windows10の基本中の基本であるタスクバーの名称を紹介してきます。

みなさんは、おそらくタスクバーを使っていると思いますが、実際、タスクバーに表示されているそれぞれの名称を知らないという人もいることだと思いますので、今回は、初心者のかたも覚えてもらえるように画像を使ってそれぞれの名称を紹介していきます。

スポンサーリンク

Win10のタスクバーの便利機能をチェックしよう

Windows10のタスクバーアプリの切り替えなどに必須のですよね。

でも、タスクバーといってもいろんなものが並んでいて何がなんなのかわからずに使用している人が多いと思います。

そもそも、タスクバーとは、現在開いているアプリやダイアログ(まとめてタスクと呼ぶ)を表示し、必要に応じて別のタスクに切り替える時に使うのが、デスクトップの下の部分にある「タスクバー」になります。

よく使うアプリやフォルダのショートカットを登録し、ランチャーソフトのように利用することが可能になります。

そんな便利なタスクバーの名称を今から紹介していきますね。

スポンサーリンク

 

Win10のタスクバーの便利機能をチェック

 

■スタートメニュー

新しいSkitchファイル

タスクバーの一番左にあるWindowsマークは、スタートメニューを開くためのボタンです

 

■コルタナと検索バー

新しいSkitchファイル1

コルタナはiPhoneのsiriと同じようなもので音声検索を可能にしてくれます

パソコン初心者が読むべきWindows10「Cortana」情報まとめ

Windows10の新機能【Cortana】音声操作の基本的な使い方

 

■タスクビュー

新しいSkitchファイル8

起動中のタスク(ウィンドウやアプリ)を並べて表示でき、仮想デスクトップの切り替えも可能です

Win10仮想デスクトップの切り替えることができるというメリットと使い方

 

■ピン留め

新しいSkitchファイル4

スタート画面と同様、よく使うアプリの起動用ショートカットを登録できる場所です

よく使うアプリは常にここで登録して素早く起動させましょう

右クリックをアプリの上でするとピン留が可能になります
登録しすぎると使いにくくなるので注意が必要です

 

■通知ボタン

新しいSkitchファイル7

タスクトレイ内には、メール受信や各種機能のオンオフに使える通知領域を表示させるアイコンもある場所になります

 

■タスクバーは使わないときは隠すこともできる

Windows10タスクバーを隠す設定方法

タスクバーはインターネットでいろいろとサイトを見ているときは邪魔だなと感じることもあると思います

そんな時は、タスクバーの何もない部分で右クリックしタスクバーの固定からチェックを外しておきましょう

 

タスクバーのそれぞれの名称【まとめ】

 

■タスクバーはアプリの切り替えなどに便利な機能

■タスクバーは使用していないときは隠すこともできる

スポンサーリンク

 

その他のタスクバーのおすすめ記事

 

 

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ