Windowsのブラウザ「IE」と「Google chrome」は比較してまとめてみた

browser-773215_640

本日は、Windowsのブラウザ「IE」と「Google chrome」は比較してまとめてみたをみなさんに紹介していきます。

長年、基準ブラウザとして使われてきた「IE-インターネットエクスプローラー-」ですが、最近のブラウザでシェアNo.1であるchromeですが、どちらが優秀なブラウザなのでしょうか!?

今回は、その比較をまとめてみました。

結果は、chromeが圧勝という結果ですが、もう少し詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ブラウザの「IE」と「chrome」はどちらが優秀か!?

今回は、「インターネットエクスプローラー」と「クローム」はどちらが優秀なブラウザなのかを比較してみました。

結果は、考えればわかるという方もいるかもしれませんが、なぜクロームのほうがいいのかをもう少し詳しく紹介していきます。

 

「IE」と「chrome」の特徴

「IE」の特徴

・全Windowsにプリインストールされているブラウザ
・IEでしか利用できないサイトも存在する

「chrome」の特徴

・Googleアカウントで他機器と同期可能
・IEを抜いてシェアNo1になった

スポンサーリンク

 

ブラウザ比較まとめ「IE」VS「chrome」

1 機能の拡張性

勝者は「chrome」

拡張性がほとんどないといっていいいIEとは対照的にchromeは機能を拡張して使うのが推奨されています。

拡張機能はchromeウェブストアで簡単にインストールすることが可能になっています。Googleの拡張機能は初心者の方でも簡単にインストールすることができるのでおすすめポイントの1つですよね。

 

2 ベンチマークスコア

勝者は「chrome」

ベンチマークスコアが高いほどウェブページの表示速度が速く、快適にブラウジングすることができます。

これも、chromeの圧倒的勝利。IEはこれ以上進化することは望めません。「edge」はべつですが。これはまた別の機会に。

chromeのスコアは最新IEの2倍と言われており、「Octane」というベンチマークサービスで測定したところ、chromeがIEの約2倍のスコアをマークしています。

 

ブラウザをIEで利用しているならchromeへ乗り換えよう

 

今回の、内容を考えるとIEはchromeに勝っている点は見当たりません。

IEを利用しているのであればすぐにchromeへ乗り換えましょう。これまで、Windows標準ブラウザとして活躍してきましたが、Windows10では新ブラウザ「edge」が導入されました。

もちろん、Windows10にもIEは搭載されていますが、あくまでIEにしか対応していないサイトを開くためのものです。Edgeの登場でIEの開発は終了しこれからIEが進化することは望めません。

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ