Windows10のウィンドウの表示サイズを変更する方法

本日は、Windows10のウィンドウの表示サイズを変更する方法を紹介します。

今回紹介する方法を行うことで、ボタンや文字が小さく感じている方などは、表示を拡大し解決することがっできるようになります。

逆に、ボタンや文字などを小さくすることができるようになります。

スポンサーリンク

Windows10のウィンドウの表示サイズを変更する

 

Windowsの標準機能で文字やボタンなどを拡大表示することができるのが今回紹介する方法になります。

例えばですが、8インチクラスのWindowsタブレットをお使いの方であれば、ディスプレイがパソコンと比べると小さいのでディスプレイの文字表示が見にくいやボタンなどが小さいためにタッチ操作がしにくいといった悩みがあるかもしれません。

そこで、今回紹介する設定変更方法を行うことで解決することができます。

もちろん、ノートパソコンを使用している方でも変更することで画面の表示が拡大されるので見やすくなること間違いありません。

ちなみに、僕のWindows10の表示サイズは初期設定で200%になっていました。

この200%は推奨サイズのようですね。このくらいで設定されている方は、あまり設定をいじらなくてもいいかもしれません。ただ、200%でもみにくいなと感じる方は225%へ変更してみてはいかがでしょうか?

それでは、表示サイズを変更する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

 

Win10のウィンドウの表示サイズを変更する方法

 

■ スタートメニューから設定へ

スクリーンショット (104)

スタートメニューを開き設定画面へいきましょう

 

■ 設定からシステムのディスプレイへ

スクリーンショット (133)

スクリーンショット (144)

設定のシステムのディスプレイへすすみましょう

 

■ ディスプレイの拡大率を変更するスクリーンショット (144)

「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」の下にあるスライダーを右か左に移動させてみましょう。
拡大率を変更することで、テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更することが可能になります。

左に移動させると小さく、右に移動させると大きくさせることが可能です。

 

■ サインアウトする

新しいSkitchファイル

「今すぐサインアウトする」と表示されるので左クリックしましょう

拡大率を変更すると、一部の機能が通常のままになってしまうため、一度サインアウトしてサインインしなおしましょう

するとすべてに拡大率が適用され変更されていることがわかります

デスクトップ画面の表示サイズで変更前と変更後のサイズの違いを載せておきます

もともとの表示サイズ
スクリーンショット (145)

変更後の表示サイズスクリーンショット (140)

ウィンドウの表示サイズを変更する方法【まとめ】

 

■ 文字が小さい、タッチ操作がしにくいと感じているに最適な方法

■ 拡大率を変更することでテキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更することが可能になる

スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ