Win10でウェブページを超読みやすくする便利技「読み取りビュー」

本日は、Win10でウェブページを超読みやすくする便利技を紹介します。

ウェブページを検索して閲覧しているときに思うのが結構読むときに邪魔なものって多いなと思うことはないですか?

そんな時に使えるのが、今回紹介するウェブページを超読みやすくする方法解決することができます。

スポンサーリンク

Win10でウェブページを超読みやすくする便利技

 

ウェブページを閲覧しているときに感じるのが文章が長くて読みにくいなとか、文字以外に色々あるから文章が非常に読みにくいと感じている方がいると思います。

そこで、今回は簡単に文章をよみやすくする便利技を紹介していきます。

目が悪い方などはこの方法を使うことで読みやすくすることができると思うので試してみてはいかがでしょうか?

それでは、紹介していきます。

スポンサーリンク

 

ウェブページを超読みやすくする便利技「読み取りビュー」

 

■Microsoft edgeを起動しましょう

Microsoft edgeでウェブ検索もしくはトップ下に表示されているニュースなどを開いてみます

■本の様なマークがあるのでクリックします

新しいSkitchファイル

本のマークがグレーになっている場合は「読み取りビュー」は使えません

本のマークが黒くなっている場合に適用することができ本のマークをクリックすると文字と画像だけになり非常に読みやすくなります。

スクリーンショット (242)

ごちゃごちゃしているサイトが多いのでそういう場合に「読み取りビュー」を使うと非常にシンプルに文字だけを読むことが可能になります。

■「読み取りビュー」が使えるのは限定的

これは、残念な部分ですが、読み取りビューが使えないサイトのほうが多いので、もう少しこの機能をどんなサイトでも使えるようになれば便利だなと感じました。

 

ウェブページを超読みやすくする便利技【まとめ】

■ 最近のごちゃごちゃしたwebページを簡単に読みやすくできる

■残念なのは「読み取りビュー」機能を使えるサイト使えないサイトに分かれる(機能がまだ限定的)

■edgeのトップニュースは「読み取りビュー」が使える

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ