Windows10の更新アシスタントでcreators updateする方法と注意点

今回は、少しでもWindows10のクリエイターズアップデートを行いたい人へ更新アシスタントをインストールしてクリエイターズアップデートを導入する方法について紹介していきます。

 

また、その際の注意点も紹介しますのでしっかりと確認してからクリエイターズアップデート導入するか検討していただけたらと思います。

スポンサーリンク

Windows10のクリエイターズアップデートをいち早く導入したいときの注意点

 

まずは先に注意点からお伝えしておきます。

以前の記事「Windows10のクリエイターズアップデート適用済みか確認する方法」でも紹介したのですが、

 

クリエイターズアップデートを行う方法は「アップデート通知」が来てから行うのが基本です。通知が来る前に導入することも可能です。

 

新たな機能を導入すれば利用することも可能になるのですが「通知」が来ていない状態でアップデートを行う場合は「不具合」が起こる可能性があるということを頭にいれておきましょう。

 

どんな不具合が起こるかというと、ハードウェア構成により「動作に不具合」が生じるというものです。

 

私もはっきりとしたどんな不具合が起こるとは言えませんが「動作に不具合」となるとその影響が大きいものなのか小さいものなのかわからないので通知が来ていない場合はまだするべきではないのかなと思います。

 

Win10クリエイターズアップデート前にやっておきたいバックアップ方法

しかし、どうしても早く導入したいという人もいると思うのでその方法を紹介しておきましょう。アップデートする際はしっかりとバックアップをとって行うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

Win10の更新アシスタントをインストールしてクリエイターズアップデートを導入する方法

 

ここからは未だ「通知」がきていないという人がクリエイターズアップデートを行いたい場合に手動でアップデートする方法を紹介していきます。

 

Windows10の新機能をいち早く導入したい場合は参考にしてみてください。

 

ここで紹介する方法は、「更新アシスタント」利用して行います。更新アシスタントを利用する場合は、アップデート前にパソコンの互換性チェックがあり、互換性に問題なければパソコンが再起動されてアップデート処理が実行されるようになります。

 

アップデート後は、初期設定が必要なので私がクリエイターズアップデート後に紹介していきます。

 

更新アシスタントをインストールしてクリエイターズアップデートを行う方法

 

  1. スタート画面から「設定」を開いてください
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします
    2345
  3. はい、方法を確認する」をクリックします
    lamh
  4. 「Windows10クリエイターズアップデートの提供」画面で「更新アシスタント」をクリック
    acvbn
  5. 「更新アシスタント」がダウンロードされます
  6. ダウンロードされた「更新アシスタント」を起動しましょう
  7. すると「Windows10の最新バージョンへの更新」画面が表示されるので「今すぐ更新」をクリックします
    alm
  8. ここで互換性のチェックが入ります。完了したら「次へ」をクリックします
  9. 「今すぐ再起動」をクリックします
  10. 「アップデート」が開始されます

 

もし、途中で不安になった場合は手順「7」の今すぐ更新の左下にキャンセルボタンがあるのでここまでであればキャンセルが可能です。

alm

必ずしも不具合が行るとは限りませんがクリエイターズアップデートを行う場合は「自己責任」でおkなうようにしましょう。

 

まとめ

  • クリエイターズアップデートを導入したい場合は「通知」を待つか「更新アシスタント」を使って導入することも可能!
  • ただし更新アシスタントを使ってクリエイターズアップデートを行う場合は動作に不具合が出る可能性も頭に入れておこう
  • どうしても早く導入したい場合は事前にバックアップをとって導入すると安心
  • 導入する場合は不具合が起こらないことを祈ります

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ