Windows10スタート画面のタイルを上手に整理する方法

本日は、Windows10スタート画面のタイルを上手に整理する方法をみなさんに紹介していきます。

スタート画面は、よく使うアプリなどをタイルとして表示してくれるスタートメニューの画面のことですが、タイルは自分で好きなように並び替えることができます。

よく使うアプリや情報を頻繁に確認したいアプリのタイルは上側に集めると便利で使いやすくなります。

そこで、今回はそのピン留めしたアプリ(タイル)を上手に整理する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

Windows10スタート画面にピン留めしたアプリを上手に整理する

よく使うアプリやひんぱんに確認する情報をスタート画面へピン留めされている方は非常に多いと思います。

しかし、ピン留めしすぎるとタイルをいくらすきなように並べ替えることができても使いづらくなってしまうものです。そこで、今回はそのピン留めしたアプリ達(タイル)を上手にキレイに整理する方法を紹介していきます。

それが順番だけでなく「グループ分け」をしていくというものです。

スタート画面をみるとわかると思いますがタイルとタイルの間の間隔が他と比べて空いている場所があると思います、そこには見えない境界があり別のグループという扱いになっています。

これをうまく利用してタイルをグループ分けすることができます。

スポンサーリンク

 

Win10スタート画面タイルのグループ分けする方法

 

■スタート画面を開きましょう

Windowsマークをクリックしてスタート画面へ

画面左下のWindowsマークをクリック

もしくは

キーボードの左下側にあるWindowsマークを押しましょう

 

■スタート画面のタイルをグループ分けする

新しいSkitchファイル

グループの境界線にマウスカーソルを合わせると

「=」イコールのようなマークが表示されます

その「=」マークをクリックすれば名前を付けることができるようになりグループ名をつけることができます

 

■グループにあったタイルを並べ替えるだけ整理できる

スタート画面のタイルは、タイル上でマウスの左ボタンをおしながら動かすと移動させることができます

自分が振り分けたグループごとにタイルを並べ替えていきましょう

特に頻繁に利用するものに関しては上側におくと便利に使うことができます

 

Windows10スタート画面のタイルを上手に整理する方法【まとめ】

 

■スタート画面はタイルをただすきなように並べ替えるだけでは上手な整理といわない

■Win10のスタート画面の上手な整理とはグループ分けを行いグループごとにタイルを並べ替えること

■スタート画面のタイルの移動はドラッグ操作で簡単に移動させられる

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ