Windows10でタスクバーのアイコンの位置を変えたい

本日は、Windows10でタスクバーのアイコンの位置を変えたいを紹介していきます。

タスクバーはよく利用するソフトやアプリをすぐに起動したい時に固定したり、起動しているソフトやアプリが表示されている場所です。

起動しているアプリやソフトなどが表示されていますが、人によってはアイコンの位置を変えたいという方がいるかもしれません。

そこで、今回は作業効率を上げるというためにもタスクバーのアイコンの位置を変更する方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

Win10タスクバーのアイコンの位置変更する

Windows10のタスクバーに表示されているアイコンはマウス操作のドラッグ&ドロップで位置を変更することができます。

動かしたいアイコンを左右にドラッグするだけで位置が変わります。

よく使うアプリやソフトのアイコンを左側に集めたり、アプリやソフトのジャンルごとに並べたりみなさんの使いやすいように並べ替えてもっともっと使いやすいパソコンにしていきましょう。

ただ、注意点は一旦並べ替えても「タスクバーにピン留め」していなければ、アプリやソフトの位置は記憶(固定)されないためアプリやソフトを終了したりするとタスクバーからアイコンが消えてしまうことになります。

なので、よく使うアプリやソフトをタスクバーに固定させたいときはしっかりとピン留めしておきましょう

Windows10でアプリを呼び出しやすくする「タスクバーにピン留め」する方法

それと、タスクバーに固定するアプリやソフトは多くても4つか5つくらいにしておきましょう。タスクバーがごちゃごちゃして逆に使いにくくなる場合がありますので。

スポンサーリンク

 

Win10タスクバーのアイコンの位置変更する方法

方法は紹介するまでもないかもしれませんが、一応初心者の方でもわかるように紹介しておきます。

 

■よく使うアプリやソフトを起動しましょう

新しいSkitchファイル

みなさんがパソコンでよく使うアプリやソフトを起動してタスクバーにアイコンを表示させましょう

 

■タスクバーのアイコンの位置を変える

新しいSkitchファイル1

よく使うアプリやソフトを起動したらタスクバーにアイコンが表示されていると思うのでドラッグ&ドロップで位置を変えてみましょう

もし、タスクバーに固定した場合は

Windows10でアプリを呼び出しやすくする「タスクバーにピン留め」する方法を参考にやってみてください。

 

Windows10でタスクバーのアイコンの位置を変えたい【まとめ】

 

■タスクバーのアイコンはドラッグ&ドロップで位置を変更することができる

■ただし、タスクバーに固定しなければアプリを終了すると再度起動したとき一番右側に戻る

■タスクバーにアプリなどを固定する場合は固定しすぎないようにする

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ