Windows10タスクバーの検索エンジンをBing検索からグーグル検索に変更する方法

本日は、Windows10タスクバーの標準の検索エンジンであるBing検索からグーグル検索に変更する方法を紹介していきます。

タスクバーの検索はやはり、使い慣れている検索エンジンのものがいいですよね。しかし、Windowsのパソコンでは標準の検索機能がBing(マイクロソフトが提供する検索エンジン)になってしまい、ユーザーによっては使いづらいものになっています。

そこで、今回はBing検索からグーグル検索に変更する方法を紹介していきます^^

スポンサーリンク

Win10のタスクバーにある検索をGoogle検索に変更する

 

僕自身、検索機能はBing検索しかできないと思っていました。

しかし、Bing検索から脱出できることを知ったのでご紹介しておきます^^

今回、紹介する方法は初心者の方でもできるような簡単なものなので、Google検索のほうが使いやすいと思っている方には、是非試してもらえたらと思います。

スポンサーリンク

 

Win10タスクバーの検索エンジンをGoogle検索に変更する方法

 

■ Googlechrome(グーグルクローム)を既定のアプリにしましょう

スクリーンショット (73)

スクリーンショット (74)

スタートメニュー → 設定 → システム → 既定のアプリへ

webブラウザを「Googlechrome」にしておきましょう

 

■ Googlechromeの拡張機能「No Bing」を追加する

 

Googlechromeを一度開き左上にある「アプリ」へ

次に、ウェブストアへ

スクリーンショット (77)

ストア検索で「No Bing」をみつけ追加しましょう

スクリーンショット (75)

スクリーンショット (76)

 

■ タスクバーからウェブ検索してみる

「ウィキペディア」と検索してみました

スクリーンショット (80)

検索するとBing検索からGoogle検索へ変わっていました^^

スクリーンショット (79)

 

タスクバーのBing検索からグーグル検索へ変更する【まとめ】

 

■ Win10のタスクバーの検索機能Bing検索は使いづらい

■ タスクバー検索機能のBing検索はGoogle検索へ変えられる

スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ