Windows10の高速スタートアップを無効化にする方法

どもTERAです。

本日は、Windows10の高速スタートアップを無効化にする方法を紹介していきます。

高速スタートアップという名前だけで判断すると、かなりよさそうな機能(もちろん素晴らしい機能です)ですが、この高速スタートアップがあることをするとトラブルの原因になることがあります。

そこで、今回は、高速スタートアップを無効化にする方法を、初心者の方でもわかるように紹介します。

スポンサーリンク

Windows10の高速スタートアップはトラブルの原因になる!!

 

高速スタートアップは、あなたのパソコンの起動速度を大幅に向上してくれる機能になります。

すべての動作で問題になるわけではないですが、Windows10の高速スタートアップはトラブルの原因になる場合があるので、紹介していきます。

トラブルが起こるのはどんな時なのか?

この高速スタートアップを有効にしている場合、外付けドライブ【HDDやDVDドライブなど】を抜き差しすることでデータが消えてしまうトラブルにあってしまうことがあります。

ですので、起動速度が、多少遅くても、安全性を重視したいのであればこの高速スタートアップを無効にしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

 

Win10の高速スタートアップを無効化にする方法

 

設定は、いたって簡単です。画像を使って説明します。

 

■ コントロールパネル→《ハードウェアとサウンド》へ

スクリーンショット (54)

■ 電源オプション→《電源ボタンの動作を選択する》へ

スクリーンショット (55)

 

スクリーンショット (56)

■ 現在利用可能ではない設定を変更しますを左クリック

スクリーンショット (58)

■ 高速スタートアップを有効にする(推奨)のチェックをはずす

スクリーンショット (57)

 

高速スタートアップを無効にする方法【まとめ】

 

■ 高速スタートアップは起動速度を大幅に向上してくれる

■ しかし、外付けドライブがあるとトラブルの原因に‼

 

以上が【Windows10の高速スタートアップを無効化にする方法】でした。

いかがだったでしょうか?少しでもお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ