Win10はリカバリディスクがなくても初期化が可能って知ってた!?

本日は、Win10はリカバリディスクがなくても初期化が可能についてみなさんに紹介していきます。

Windows10のユーザーの多くの人がしっているようでしらないのが、Windows10はリカバリディスクがなくても初期化が可能だということです。

今までのWindowsであればリカバリディスクがないといけませんでしたがWindows10からは「回復ドライブ」を作成しておくことでリカバリディスクは必要なくなります。

スポンサーリンク

Win10はリカバリディスクがないと初期化は無理はウソ

 

リカバリディスクがないと初期化できないとは昔の話で、Windows10からは回復ドライブを作ってあげておけばリカバリディスクは必要ありません。

これってWindows10ユーザーの多くの人が知っているようでしらない話では??と思います。

Win10の場合は、リカバリディスクがなくてもwin10標準の機能で回復ドライブを作成すれば、その回復ドライブからOSを再インストールすることができるようになります。

回復ドライブは、USBメモリに作成できるので光学ドライブがないタブレットなどでも作成することが可能になっています。

ちなみ、回復ドライブを作成するUSBメモリは16GB以上のものを用意するようにしましょう。

スポンサーリンク

 

Win10回復ドライブの作成方法

もっと詳しく作成方法を知りたい場合
初心者でもわかるWindows10の回復ドライブの(USBメモリに)作成方法

 

■スタートメニューから回復ドライブ作成へ

スタートメニュー→すべてのアプリ→Windowsシステムツール→USB回復ドライブの作成へ進みます

 

■回復ドライブ作成画面

「回復ドライブの作成」を選択して「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックをいれ次へ

 

■USBメモリを回復ドライブにする

USBメモリを指定してUSBメモリに回復ドライブを作成しましょう
作成後は、このUSBメモリがあればWin10を再インストールすることができるようになります

 

もっと詳しく作成方法を知りたい場合
初心者でもわかるWindows10の回復ドライブの(USBメモリに)作成方法

 

Win10はリカバリディスクがなくても初期化が可能って知ってた!?【まとめ】

 

■Windows10はリカバリディスクがなくても初期化が可能

■USBメモリに回復ドライブを作成すればリカバリディスクがなくてもOK

■この方法をつかえばタブレットでも回復ドライブを作成することが可能

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ