Windows10のフォトビューアーを復活させる設定方法

どもTERAです。

本日は、Windows10のフォトビューアーを復活させる設定方法を紹介していきます。

Windows10からは、画像を開くときに使う機能は【フォトアプリ】が標準になっています。しかし、これまでのWindowsユーザーの方は、フォトビューアーに使い慣れているはずです。

そこで、今回は、Windows10で、フォトビューアーを復活させる設定方法があるので、わかりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク

Win10でフォトビューアーを復活させる

 

これまでの、Windowsでは標準の画像ビューアーは、【Windowsフォトビューアー】でした。

しかし、Win10では、フォトアプリが標準の画像ビューアーになっています。ただ、Windows10になったから、Windowsフォトビューアーがなくなったわけではなく、ただ、隠されているだけなんです。

そこで、今回は、その今までのWindowsフォトビューアーを復活させる設定方法を初心者の方でもわかるように紹介していきます。

復活させる設定方法は、レジストリを書き換えれば復活させることができます。

スポンサーリンク

 

Windows10のフォトビューアーを復活させる設定方法

 

■ Revive Windows Photo Viewer in Windows 10 (from Windows 8.1)でコードをコピーする

Revive Windows Photo Viewer in Windows 10 (from Windows 8.1)にWindowsフォトビューアーを復活させるためのコードが記載されています。

一番下まで行き、【RAW Paste Data】の《Windows Registry Editor Version 5.00》から最後までをコピーします。

コードをコピーしたら、メモ帳に貼り付けましょう。

スクリーンショット (59)スクリーンショット (68)

 

 

■ メモ帳に貼り付けたコードをレジストリファイルとして保存する

 

メモ帳に貼り付けたコードを、【PhotoViewer.reg】と名前を付けて保存します。

 

 

■ レジストリを書き換える

保存した【PhotoViewer.reg】を開きましょう。保存した、レジストリファイル(【PhotoViewer.reg】)を開くと、警告が表示されます。《はい》をクリックしてレジストリを書き換えましょう。

スクリーンショット (64) スクリーンショット (65)

 

■ エクスプローラーから画像を選択し開いてみる

あとは、画像を開いてWindowsフォトビューアーが起動できるか確認してみましょう。

スクリーンショット (66) スクリーンショット (67)

これで、Windowsフォトビューアーを復活させることができました。

 

Win10のフォトビューアーを復活させる設定方法【まとめ】

 

■ Win10では、フォトビューアーは、廃止されたわけでなく隠されているだけ

■ レジストリを書き換えればフォトビューアーを復活させることができる

 

以上が【Windows10のフォトビューアーを復活させる設定方法】でした。

スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ