Win10PCのバッテリーを長持ちさせるコツは完全シャットダウンすること

本日は、Win10PCのバッテリーを長持ちさせるコツは完全シャットダウンすることを皆さんに紹介していきます。

これはあまり知られていませんが、Windows8以降のOSでは、高速スタートアップ機能が搭載されたおかげでシャットダウンの時のモードもWindows7以前のOSとは異なっています。

そこで、今回は消費電力をゼロにし、なおかつ電気料金への影響も減らすことができる完全シャットダウンの方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

Win10の消費電力を抑え電気料金も押させられる「完全シャットダウン」

Windows10の通常シャットダウンと完全シャットダウンとスリープの違い

Windows7以前のOSではシャットダウンを行うとパソコンの電力消費がゼロになっていました。

しかし、Windows8以降のOSでは高速スタートアップ機能というものが搭載されてシャットダウンが2種類にわかれ通常のシャットダウンでは少しずつですが電力消費されるようになり、またコンセントの充電器を挿しっぱなしにしておくと電気料金にも影響するようになっていました。

なので今回は電気料金をなるべく抑え、内臓バッテリーにも負担が少ない「完全シャットダウン」する方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

 

Windows10のパソコンで「完全シャットダウン」する方法

Windows10の通常シャットダウンと完全シャットダウンとスリープの違い

 

完全シャットダウンすることで通電をゼロにすることができます。完全シャットダウンを行えばコンセントを抜いた状態にすることができるというわけです。

 

  1. スタートメニューを右クリック

    新しいSkitchファイル

    「電源オプション」を選択しましょう

  2. 「電源ボタンの動作の選択をする」をクリック
    新しいSkitchファイル1
  3. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック

    新しいSkitchファイル2

  4. 「高速スタートアップ」のチェックマークを外す

    新しいSkitchファイル3

    チェックマークを外したら「変更を保存」をクリックすればOK

  5. 完全シャットダウンはショートカットからでも可能

    新しいSkitchファイル4

    通常のシャットダウンを維持したまま完全シャットダウンを使い分けたいときは
    「Shiftキー」を押しながらシャットダウンを選択すればOK

以上が完全シャットダウンの方法になります。

完全シャットダウンのほうがパソコンのバッテリーの負担を軽く出来、なおかつ電気料金も抑えられるのであればやはり「完全シャットダウン」がおすすめです。

知らなかった方は是非活用してみてください。

 

Win10の消費電力を抑え電気料金も押させられる「完全シャットダウン」【まとめ】

Windows10の通常シャットダウンと完全シャットダウンとスリープの違い

  • シャットダウンには「通常のシャットダウン」と「完全シャットダウン」の2種類が存在する

  • 「完全シャットダウン」だとバッテリー負担減と電気料金を抑えることができる
  • 「完全シャットダウン」するには電源オプションで「高速スタートアップ」のチェックを外す
スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

One Response to “Win10PCのバッテリーを長持ちさせるコツは完全シャットダウンすること”

  1. 名無しさん より:

    Shiftキー押しながらで行けるんですか
    ここしか乗ってないな

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ