Windows10 creators update後に不具合が発生した時の対処法2017

今回は、Windows10のクリエイターズアップデートを行った後に不具合が発生した時の対処法を紹介していきます。

もし、万が一操作に支障をきたす不具合が発生した場合は今回紹介する方法を使い前のバージョンへ戻すようにしましょう。

スポンサーリンク

Windows10のクリエイターズアップデートで不具合が発生した

 

Windows10の最新のアップデートプログラムである「クリエイターズアップデート」ですが、通常アップデート通知がきてからおこなうものですが、更新アシスタントツールを使うことで手動でアップデートすることが可能です。

 

Win10クリエイターズアップデート前にやっておきたいバックアップ方法

Win10の更新アシスタントをインストールしてアップデートする方法と注意点

 

しかし、更新アシスタントツールを使った場合動作に関する不具合が起こる可能性があるのですが、Windows10のパソコンを使用されている人は、最新機能を少しでも早く使いたいがために手動でアップデートを行ったという方も少なくないと思います。

 

私も手動でアップデートを行った一人なので不具合が起きる可能性は大いに考えられましたがそこまでの重大な問題は発生しておらず現在もスムーズに動作しております。

 

では、クリエイターズアップデートを手動で行って不具合が起こってしまったという方にその解決方法を紹介していきたいと思います。(もちろん通常のアップデート方法で行ったとしても少なからず不具合は発生する可能性が考えられます)

スポンサーリンク

手動クリエイターズアップデートを行って不具合が発生した時の対処法

クリエイターズアップデートは多くのテスターによって検証され安全が確認されてから公開されています。

 

ですので、導入しても不具合が発生するということは非常にすくないですが、ここでは万が一不具合が発生してしまった場合の解決方法を紹介していきます。

 

解決方法としては、設定画面から以前のバージョンに戻す方法になります。

不具合がまだ起こっていなくても起こってしまった場合に備えて確認しておきましょう。

 

Win10クリエイターズアップデートの不具合が発生!!解決手順

 

  1. スタート画面を開きます
  2. 設定をクリックします
  3. 「更新とセキュリティ」をクリックします
  4. 回復を選択します
  5. 「前のバージョンのWindows10に戻す」とあるので開始をクリックします
  6. 以前のバージョンに戻す理由を選択し、画面の指示に従ってパソコンを再起動します
  7. これで以前のバージョンのWindows10に戻せます

 

以上が最新のアップデートで不具合が起こってしまったときの解決方法になります。

 

Win10のクリエイターズアップデート後に不具合が発生した時の対処法まとめ

 

アップデートを行った後は動作に問題がないかしっかりと確認し、もし不具合が発生したばあいは今回の内容を参考に以前のバージョンのWindows10に戻すようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ