【初心者でもわかる】Windows10の古い復元ポイントを削除する方法

close-1013750_640

本日は、【初心者でもわかる】Windows10の古い復元ポイントを削除する方法を紹介していきます。

以前の記事で復元ポイントの作成方法を紹介しました。

復元ポイントは常に新しくなっていくはずなので、必要なくなった復元ポイントは削除していくのを忘れないように気を付けましょう。

必要ない復元ポイントのファイルがたまっていくことでシステムドライブの容量を圧迫する原因になります。

初心者の方でも問題なく削除を行っていけるように解説していきます。

スポンサーリンク

Windows10の古い復元ポイントを削除する

Windows10のシステムの復元ポイントを自分で作成する方法

先ほども言ったように、古くなった復元ポイントは削除していかなければ、システムドライブの容量を圧迫する原因になりますので、最新の復元ポイント以外はしっかりと削除していきましょう。

圧迫されると、システムドライブの容量が少なくなり保存したいデータなどを保存できくなくなります。また、動作がカクカクとなってしまう重いという状態になってしまう可能性もあります。

システムドライブは、ある程度空き容量を確保している状態がベストです。

スポンサーリンク

 

Windows10の復元ポイントを削除する方法

 

エクスプローラーをひらきましょう

スクリーンショット (334)

エクスプローラの「PC」を表示して「Cドライブ」を選択しましょう

 

「Cドライブ」の管理タブをひらく

スクリーンショット (335)

「Cドライブ」の管理タブをひらき、管理内の「クリーンアップ」をクリックしましょう

 

クリーンアップボタンをクリックする

スクリーンショット (337)

 

「システムファイルのクリーンアップ」ボタンをクリックしましょう

ここで、再度システムドライブの選択が表示された場合は「Cドライブ(保存しているシステムドライブ)」を選択します

 

「その他のオプション」タブをひらく

スクリーンショット (338)

「その他のオプション」タブ内の「システムの復元とシャドウコピー」欄の中にある「クリーンアップ」ボタンをクリックしましょう

 

古い復元ポイントを削除する

スクリーンショット (339)

「クリーンアップ」ボタンをクリックすると、メッセージと共に「削除」ボタンが表示されますので、しっかりメッセージを確認した後に「削除」ボタンをクリックするようにしましょう

 

以上で、古い復元ポイントは削除されました

 

Windows10の古い復元ポイントを削除する方法【まとめ】

 

■古い復元ポイントのデータはしっかり削除しておく

■削除しなければシステムドライブの容量を圧迫する原因になる

 

スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ