Windows10のデスクトップアイコンを動かすと元に戻ってしまう時の解決方法

本日は、Windows10のデスクトップアイコンを動かすと元に戻ってしまう時の解決方法をみなさんに紹介していきます。

デスクトップ上にあるアイコンを好きな位置に配置しておきたいのに、なぜか勝手に元の位置に戻ってしまうという悩みをいただきましたので、今回はその勝手に元に戻ってしまう時の解決方法を紹介していきます。

実は、この問題は簡単に解決することができますので、もし同じような悩みをお持ちの方は是非参考にしてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

Win10のデスクトップアイコンを好きな位置に動かしたいのに元に戻ってしまう

 

今回は、デスクトップアイコンを使いやすくするために、好きな位置に置きたいのになぜか元あった場所に戻ってしまうときの解決する方法を紹介します。

これって実は多くの方が悩んでいるのではないでしょうか!?

僕も最初のころこの問題で悩んで困っていました。
しかし、実際解決すると非常に簡単な操作で解決することができたので、同じ悩みを持っている方がいれば解決してもらいたいと思います。

スポンサーリンク

 

Win10のデスクトップのアイコンを移動させたいのに元に戻る時の解決方法

 

Qアイコンを好きな位置に移動したいのに動かすと戻ってしまいます。
A「アイコンの自動整列」が有効になっている可能性があります。設定を無効にすれば解決することができます

 

アイコンが重なってしまい見つからなくなるのを防ぐ機能に「アイコンの自動整列」というものがあります。これは、重なってしまった場合は、非常にありがたい機能なのですが、好きな位置に配置したい場合は不便な機能に代わってしまうんです。

なので、機能性をしっかり理解しておきましょう。

それでは、その「アイコンの自動整列」を無効にする方法を紹介していきます。

 

「アイコンの自動整列」を無効にする設定方法

 

■デスクトップ上で右クリック

デスクトップ上の何もないところを右クリックしましょう

 

■メニュー項目の「表示」を選択

右クリックするとメニューがでてくるので「表示」へ進みましょう

 

■「アイコンの自動整列」のチェックマークを外す

新しいSkitchファイル

元にもどらないようにするために「アイコンの自動整列」のチェックマークを外しておきましょう

 

以上が元に戻ってしまう時の解決方法です。
これで、好きな位置へアイコンを移動させることができるようになります。

 

それと、もう一つ合わせて紹介しておきます。

Qアイコンの位置を少しだけ動かしたくて微調整していると、元の位置や別の場所へ移動してしまう
A「アイコンを等間隔に整列」を無効にしましょう

 

上の「アイコンの自動整列」を無効にするときに「アイコンの自動整列」の下に「アイコンを等間隔に整列」とあるので無効にしておけばOKです

新しいSkitchファイル1

 

Win10のデスクトップアイコンを好きな位置に動かしたいのに元に戻ってしまう【まとめ】

 

■「アイコンの自動整列」はアイコンが重なってしまい見つからないときは非常に便利になる機能

■「アイコンの自動整列」は好きな位置にアイコンを移動させたいときは無効にしておく

■アイコンを少しだけ動かした時は「アイコンの等間隔に整列」を無効にしておく

スポンサーリンク

 

デスクトップアイコンに関連するおすすめ記事
新しいSkitchファイル2 Windows10のデスクトップアイコンの大きさが小さいなと感じる時の変更する方法
新しいSkitchファイル2 Windows10のデスクトップアイコンを並び替えで綺麗に整列させる方法
trash-can-23640_640 Windows10のデスクトップにあるごみ箱アイコンが消えた時の対処法

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ