Windows10creators update後の個人情報収集をできるだけブロックする方法

今回は、Windows10のcreators update後の個人情報収集されないために必要な設定を紹介していきます。

Windows10の個人情報収集は、悪用されるわけでないですがやはりできるだけ収集されたくないという人は多いと思いますのでわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

Win10のcreators update後個人情報の送信をなるべくブロック

Windows10の設定アプリの「プライバシー」にはユーザーの個人情報に関する設定が並んでいます。

 

「プライバシー」には、位置情報・カメラ・マイク・連絡先などの利用を許可するかどうかはここから設定することができます。

 

また、アプリごとに設定できるので信頼できないアプリでは許可しないように設定しておくと安心です。

 

Windows10はリリースされた時からWin10はユーザーの様々な情報を収集しマイクロソフトに送信しているといわれています。

Windows10は個人情報が収集されている! 情報収集機能を無効にする方法 Disable Win Tracking

 

ただし、マイクロソフトによる情報収集でWin10ユーザーの人たちに悪影響があるとは考えにくいですが、どのような情報が収集され送られているのかははっきりとはわかっていないのが現状です。

 

やはり、個人情報なのであまり気持ちのいいものではないのはたしかで、気になる人も多いと思うのでそういう場合は、そういう送られる情報をできる限り制限していきましょう。

スポンサーリンク

Win10creators update後の個人情報収集をできるだけブロックする方法

 

プライバシーの「全般」では広告関連をオフにする

Win10の設定アプリの「プライバシー」の「全般」設定の中にある「アプリの使用状況に基づいてユーザーに合わせた広告を表示するために~」と「Windows追跡アプリの起動を許可してスタート画面~」の2つは広告表示に使われる機能です。

 

基本的にこの機能は不要ですのでオフに設定しておきましょう。

 

プライバシーの「音声認識・手描き入力・入力の設定」

音声・手書き入力を利用していると、その情報が収集されてしまいます。

 

情報収集が気になるのであれば「音声認識・手描き入力・入力の設定」はオフにしておきましょう。ただし、この設定をオフにするとコルタナの音声認識が使えなくなるのでコルタナを普段から利用されている人はオンにしておきましょう。

 

プライバシーの「バックグラウンドアプリ」

ここは、あまり情報収集と関係があるわけではありませんが、バックグラウンドアプリが動作するとバッテリー消費が激しくなります。

 

バッテリーでのパソコン利用時は「バックグラウンドアプリ」設定で「アプリのバックグラウンド実行を許可する」をオフにしておくことをおすすめします。オフにすることで全アプリがバックグラウンド実行されなくなります。

 

全アプリは困るという方でも、アプリごとにオン・オフすることもできます。

 

プライバシーの「フィードバックと診断」

 

マイクロソフトに送信されるデータ内容は「フィードバックと診断」設定から変更することができます。

 

通常の標準設定では「完全」になっていますが「基本」に変更しておくことで送信されてしまうデータ量を抑えることができるので気になる人には安心かと思います。

 

また、「適切なヒントや推奨事項などユーザーにあったエクスペリエンス~」も特に必要ないのでオフにしておきましょう。

 

プライバシーの「アプリの診断」

あなたのWindows10PCの診断機能が集めたデータを他のアプリに利用(アクセス)させるかを設定できます。

 

この項目では、個人情報を特定するようなデータはありませんが気になる人は無効にしておきましょう。

 

プライバシーの「位置情報」

位置情報も送信されるデータの1つです。

位置情報に関してはアプリごとにオフにしておくことをおすすめします。

 

Windows10creators update後の個人情報収集をできるだけブロックする方法まとめ

 

Windows10では、個人情報が少なからずマイクロソフトへ送られています。

 

個人情報が送られているからといって悪用されるわけではないと思いますが、やはりどうしても気になることの1つです。

 

なので、私と同じように気になる人は今回の内容を参考に設定を変更しておきましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ