Windows10のシステムの復元ポイントを自分で作成する方法

wave-421097_640

本日は、Windows10のシステムの復元ポイントを作成する方法を紹介していきます。

復元ポイントとは、システムの復元をする際に、その名前の通り「どの時点に戻す」かということになります。

システムの復元をする際の復元ポイントは通常自動で作成されますが、自分で復元ポイントを作成することもできますので、是非参考にされてください。

スポンサーリンク

Windows10のシステムの復元ポイントを作成する

 

「システムの復元」とは、あなたのパソコンのシステムに問題が起こってしまったときに、システムを以前の状態に復元することができる機能になります。

そこで、復元の時に指定するものが「復元ポイント」で、Windows10では自動で作成されるようになっていますが、自分で復元ポイントを作成することも可能になっています。

復元ポイントの作成は簡単ですので、自分でポイントを指定して作成してみてください。

スポンサーリンク

 

Win10のシステムの復元ポイントを作成する方法

 

コントロールパネルをひらきましょう

スクリーンショット (325)

コントロールパネルをひらき「システムとセキュリティ」へすすみます

 

「システムとセキュリティ」の「システム」へ

スクリーンショット (326)

「システムとセキュリティ」を開くと「システム」とあるのでクリックしましょう

 

「システム」のシステム保護へすすむ

スクリーンショット (327)

「システム」をひらくと左側に「システム保護」とあるのでクリックしてひらきましょう

 

復元ポイントを作成する

スクリーンショット (330)

システム保護を開くと一番下に「作成」ボタンがあり、作成ボタンをクリックします
作成ボタンをクリックすると空欄がでてきますので「復元ポイントの名称」を入力しましょう。わかりやすい名前を入力しておきましょう

スクリーンショット (331)
入力後は、「作成」ボタンをクリックすれば完了です

 

システム保護の画面の「作成ボタン」がグレーになっていてポイントを作成できない時

スクリーンショット (328)

作成ボタンが押せないときは、バックアップをとっているドライブを繋いでいるか、もしくはバックアップはとられているかを確認します。とられているのであれば、「作成」の上にある「構成」をクリックし「システム保護を有効」にしましょう。

スクリーンショット (329)

 

復元ポイントを作成する方法【まとめ】

 

■システムの復元とは問題が発生した時にシステムを前の状態に戻すこと

■復元ポイントとはどの時点に戻すのかを決めるポイント

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ