USB2.0と3.0の書き込み速度を比較してみた|外付けドライブは3.0を選ぶべき

 

本日は、USB2.0と3.0の書き込み速度を比較してみた|外付けドライブは3.0を選ぶべきを皆さんに紹介していきます。

パソコンを使用している人は必ず聞いたことはあると思われるUSBですが、USBにはUSB2.0と3.0があり、初めて購入する方はどっちがいいのかわかりません。

そんな僕も、はじめはどっちがいいのかわかりせんでしたし、どんな違いがあるのかさえ分かりませんでした。

そこで、今回はUSB2.0と3.0どっちを選ぶべきかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

USB2.0と3.0の特徴

USB2.0(旧世代)

・理論上の速度は最大480Mbps

・最大伝送距離は5mとながい

 

USB3.0(新世代)

・理論上の速度は最大で5Gbps

・最大伝送距離は3mと短め

スポンサーリンク

 

USB2.0と3.0の書き込み速度を測定

 

USB2.0と3.0の最大の違いは読み書き速度です。

理論上ではUSB3.0は2.0の10倍もの速度を出せることになっています。ただ、実際に書き込み速度を測ってみるとそこまでの差はありませんが、それでも2倍から3倍は高速になります。

USB3.0対応の製品のほうが価格は高くなりますがその差は少しだけです。これから購入を考えている場合は、できるだけUSB3.0 の製品を購入するべきです。

 

今後購入するなら断然USB3.0 

速度に関してはUSB3.0 が圧倒的に速いです。

外付けドライブやUSBメモリなどは速度が非常に重要ですのでUSB3.0 の製品を必ず購入するようにしましょう。

ただ、USB3.0 は最大伝送距離が3mしかありません。遠く離れた場所に機器を設置する場合は、最大伝送距離が5mのUSB2.0のほうが向いています。

どうしてもUSB3.0 で遠くの機器と接続したい場合はUSB3.0 対応ハブを使用することで伝送距離を伸ばすことができますが、延長しすぎると正常に動作しないことがあります。

・外付けドライブやUSBメモリは必ずUSB3.0 対応製品を選ぶこと

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ