タブレットはノートパソコンを超えているか⁉タブレット対ノートパソコン比較してみた

本日は、タブレットはノートパソコンを超えているか⁉タブレット対ノートパソコン比較してみたをみなさんに紹介していきます。

最近は、各メーカータブレットの商品が多くなりましたが、タブレットはノートパソコンを超えているのかきになり、今回は比較してみました。

僕もよく外出先でパソコン作業するので、パソコンを購入するときのポイントは、タブレットくらい軽くあってほしいとかスペックはハイスペックがいいとか色々考えて悩んでました。

スポンサーリンク

タブレットとノートパソコンの特徴

タブレット

・スレートデバイスなので軽い

・5万円以下の安価モデルが多い

 

ノートパソコン

・15インチの大型ディスプレイもあり

・高性能マシンも豊富で動画編集までできる

簡単に特徴を紹介するとこんな感じです。

 

タブレットとのーとPCの境目はなくなってきている

 

最近では、タブレットにもなるノートパソコンも増えてきています。

ノートパソコンとしてもタブレットとしても使える2in1タイプの製品が増えてきています。そのためタブレットとノートパソコンの線引きがあいまいになってきています。

有名どころでいうと「マイクロソフト社のsurface」です。タブレットにもなりパソコンにもなるという特徴が話題になりました。

その後、大手パソコンメーカーからもいくつかそんな商品が発売されました。

スポンサーリンク

 

タブレット対ノートパソコン「端末の携帯性」

 

携帯性は、キーボード部分がないタブレットのほうが有利です。

しかし、最近はキーボードを取り外してタブレットスタイルで使えるノートパソコンもあるので一概にどちらが携帯性に優れているとかは言い難いです。

脱着式のノートパソコンは先ほど紹介した「surface」が有名です。

 

タブレット対ノートパソコン「操作性」

 

操作性は、キーボードやタッチパッドが付属しているノートパソコンが有利になります。

また、ノートパソコンによってはタッチパネル採用のものもあり、これであればタブレットに操作性で劣る部分はありません。

タブレットを持っている方であればわかると思いますが、正直タッチキーボードは「入力しにくい」です。

ガラケーとスマホのような感覚ですよね。

 

タブレット対ノートパソコン「マシンの拡張性」

 

タブレットには、USBスロットやSDカードスロットは搭載されていますが、その数はノートパソコンと比べると少ないです。

また、電力上の問題でパワータイプの機器は動かないこともあります。ノートパソコンにはたくさんの端子が付属していて、拡張性は、タブレットよりも上になります。

 

タブレット対ノートパソコン「コストパフォーマンス」

 

タブレットは低性能パーツなどを組み込むことで価格を抑えたものが多いです。

低価格端末はやはり動作にもたつきがありますが、それでもウェブ閲覧や音楽・動画の再生程度なら問題なし。

タブレットは、徹底的なコストカットにより1万円以下の端末もあり、コストパフォーマンスではタブレットが有利だといえます。しかし、あなたが一番求めるものはなにか??ということをしっかりと見極めて選ぶことが大切です。

 

タブレット対ノートパソコン「2in1タイプの端末が最強」

 

タブレットは、携帯性とコスパに優れるものの操作しにくく拡張性も低いため全体的に満足度は低めです。

ノートパソコンは、操作のしやすさと拡張性・スペックの高さから満足度も高い製品が多いです。そのため、将来的に利用し続けることを考えるとノートパソコンをおすすめします。

ここまでタブレットとノートパソコンを比べてきましたが、本当に便利な製品を選ぶのであれば最近の端末を事情を考えると最強は「2in1タイプ」の端末だといえます。

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ