【綺麗なドキュメントを作成】Wordのインデントとタブでテキストをきっちり揃える方法

本日は、【綺麗なドキュメントを作成】Wordのインデントとタブでテキストをきっちり揃える方法をみなさんに紹介していきます。

Wordの基本的な使い方はただ文字を入力するだけなので非常に簡単ですが、ただ入力するだけでは綺麗なドキュメントになることはありません。

そこで、今回は綺麗なドキュメントを作成するために必要な要素の1つ「インデント」と「タブ」でテキストをきっちりそろえる方法を初心者の方でもわかるように分かりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク

Wordで綺麗なドキュメントを作成する時に大切な「インデント」と「タブ」

 

Wordでドキュメントを作成するときに、文章も区切りにスペースを挿入することは多いと思います。

しかし、ただ単純にスペースを挿入しただけではテキストの開始位置が綺麗に揃うことなく、見栄えが良くありませんよね。

そこで、利用したいのが「インデント」と「タブ」の2つになります。

「タブ」は、スペースの代わりに文章を区切り、区切った文章の開始位置をルーラーで調整できる機能になります。

「インデント」は文章を配置する位置を調整できる機能です。文章の位置を左右にずらすなどの微調整ができます。

では、この「タブ」と「インデント」の使い方について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

 

Wordの「タブ」と「インデント」の使い方

 

■テキストの位置を調整する「インデント」

インデントは選択したテキストを左右にずらすことができる機能です。数値を入力してあげて位置を微調整してあげればレイアウトを細かくととのえることができます。

■文章の区切りに挿入する「タブ」

タブは文章の区切りをきれいに整える機能です。区切った文章の開始位置をルーラーで揃えられるのが便利です。

 

  1. タブの追加と矢印マークを表示させる
    新しいSkitchファイル3

    「タブを」挿入したい場所で「tabキー」を押すとタブを挿入できる。
    また、「1」のボタンをクリックすると矢印が表示されるようになる

  2. ルーラーで開始位置を調整する
    新しいSkitchファイル1

    「表示」→「ルーラー」にチェックを入れるとルーラーが表示される
    その後タブを挿入したテキストを選択してルーラーのインデントボタンへ移動すれば開始位置が表示されるようになります。

  3. インデントでテキスト位置を調整する
    新しいSkitchファイル

    位置を調整したいテキストを選んで
    「レイアウト」→「インデント」に移動量を入力しましょう。テキストが左右に移動し配置個所を細かく調整できる。

Wordで綺麗なドキュメントを作成するタブとインデント【まとめ】

 

■Wordで綺麗なドキュメントを作成するコツ1は「タブ」「インデント」を使う

■タブはスペースの代わりに文章を区切る機能ルーラーで微調整可能

■インデントは文章を配置する位置を調整できる機能左右に微調整可能

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ