ノートPCでの作業効率UPさせる【2万円以下でも購入可能な高品質モニタを紹介】

social-network-489544_640

本日は、ノートPCでの作業効率UPさせる【2万円以下でも購入可能な高品質モニタ】をみなさんに紹介していきます。

ノートパソコンをメインに使っている人は、自宅で使うときに画面が小さく作業があまり進まないや目線がやや下に向いてしまい疲れが溜まり肩こりの原因になっている方がいないでしょうか!?

今回は、そんな時におすすめしたいノートパソコンの良き相棒になる「モニタ」を紹介して行きたいと思います。モニタさせあれば肩こり解消や作業効率を上げることが可能なので是非参考にしてもらいたいと思います。

スポンサーリンク

ノートPCの良き相棒【モニタ】

モニタが必要なのは必ずしもデスクトップPCだけではありません。

ノートパソコンもディスプレイが小さかったり作業スペースが足りない場合はモニタを追加することをおすすめします。

また、画面が小さいと作業効率も悪くなり、肩こりの原因になることもあります。ノートパソコンを使っている方はわかると思いますが、ノートパソコンを操作していると自然に目線が下向きになります。(これが肩こりの原因になる→片頭痛の原因にも)

このすべてをモニタを追加するだけで解決することができます。

僕も実際サブモニタを持っていますが目線があがり肩こりもだいぶ楽になりました。そして、作業スペースをかなり広くなり非常に塚やすくなります。

スポンサーリンク

 

ノートPCにサブモニターを追加するメリット

startup-593299_640

今現在僕が使用しているパソコンは「VAIO Z」を使用していますが、自宅でパソコンを使用するときはサブモニターを使うようにしました。先ほどもいいましたが、自宅でノートパソコンを使うときに困っていたのが

・目線がどうしても下がってしまう

・13インチくらいのディスプレイなので作業スペースが限られてしまう

というものです。

モニタがあればこの2つは間違いなく解消されます。

ノートパソコンとサブモニタを接続すると

・「複製モード」ノートパソコンと同じ画面をモニタへ映すことができる

・「拡張モード」デスクトップ画面を広げることができます(別々のものを映すことができる)

 

モニターの性能はここをチェックするべし(サイズなど)

ここでは、モニタのスペックを紹介します。

しっかりと紹介することを理解すれば、あなたに合ったモニタを選ぶことができるようになります。モニタには3種類のパネルがあり、それぞれには特徴があります。次に解像度とインチ数、入力端子の種類を確認すること。この3項目は特に重要で間違えたり確認を怠ったりすると購入したモニタを使えないということにもなりかねません。

 

液晶モニターのパネルの種類

  IPS VA TN
応答速度 やや遅め とても速い 速い
画質 良い ふつう VAよりやや劣る
視野角 広い ふつう 狭い
価格 高い ふつう 安い

 

液晶の解像度

現在の主流は、1920×1080で、2560×1440や3840×2160の高解像度モニターもありますが価格は主流のものと比べるとはやりあがります。

液晶サイズ

ノートパソコンのサブモニターとして卓上で使う場合は20~28インチサイズあたりがおすすめです。

それ以上のサイズは大きすぎます。

液晶の視野角

視野角とは、モニターを斜めから見たときにどのくらいの角度まで画面がみえるかを表した数値になります。基本的には広ければ広いほどいいと考えてください。

入力端子の種類

モニターにあなたが使用しているパソコンについている入力端子と同じものがあるか確認しましょう。(僕の場合はHDMI)
種類は「DVI-D」「VGA」「DisplayPort」「HDMI」になります。

液晶の標準輝度

輝度は画面の明るさです。数値が大きいほど明るいです。

画面回転対応

最近発売されているモニターの中にはモニターを回転させて「縦向き」にできる画面が回転するモニターもあります。

 

2万円以下の20~23インチまでのサイズ別コスパの高いおすすめ液晶モニタ

コスパの高いおすすめのモニターを紹介します。

iiyama [ProLite XU2390HS-2]

画面回転に対応して、スタンドは安定して調節も可能です。描写はなめらかで動画再生が得意。

価格は「19,478円」楽天では送料込み

主なスペックとして

視野角は「上下89度」「左右89度」
標準輝度は「250cd/㎡」
映像入力端子は「VGA×1」「DVI-D×1」「HDMI×1」
サイズ(製品)は「532.5×387.5×180.0㎜」4kg
パネルの種類「IPS」
液晶解像度「1920×1080」

 

 

ASUS [VX229HJ]

0.8㎜のスリムデザインで高いデザイン性が特徴のモニター。発色もよく視野角も広いです。

視野角は「上下178度」「左右178度」
標準輝度は「250cd/㎡」
映像入力端子は「VGA×1」「HDMI×1」
サイズ(製品)は「499.8×371.3×210㎜」3.05kg
パネルの種類「IPS」
液晶解像度「1920×1080」

21.5インチ

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ