パソコンのネットが繋がらないを極力減らす無線LANルータの選び方「最新11ac対応編」

router-157597_640

本日は、これからのパソコンライフを快適にするためにパソコンのネットが繋がらないを極力減らす無線LANルータの選び方「最新11ac対応」を皆さんに紹介していきます。

自宅で無線LAN接続するために必要なのが無線LANルーターですが、お店へ見に行くとたくさんのルーターがあり下は千円台~上は3万円以上のものまで並んでおりあまり詳しくない人からするとどれを選んだらいいかわからないと思います。

しかも、自宅でルーターを配置する場所を考えたりしながら選ばなければあとでネットが繋がりにくいという問題も起こる可能性があります。

スポンサーリンク

利用中のパソコンの無線LANが「11ac」対応なら11ac対応ルーターを選ぶ

 

まず、今回紹介する無線LANルーターは「11ac対応ルーター」です。

もし、使用しているあなたのパソコンの無線LAN「IEEE 802.11ac」対応なら多少金額は高くなりますが11ac対応ルーターを選びましょう。11ac対応ルーターを選ぶことで快適な通信を保つことが出来ます。

パソコンと無線LANルーターの両方が11acに対応していると高速通信が可能になります。もし、パソコンとルーターの片方、もしくは両方が11ac未対応だと11nという低速規格での接続になってしまいます。

仮に現在使っているパソコンが11ac未対応のものであっても今後11ac対応のパソコンを購入した時のためにルーターは11ac対応ルーターを購入しましょう。

もし、今から初めて無線LANルーターを購入するなら「11ac対応」のものを購入しよう
スポンサーリンク

 

ルーターの選び方同じに見えるのになんで価格に大きな差があるの!?

 

無線LANルーターには速度の規格値があります。

11acの速度理論値は6.9Gbpsですが、現在は1733Mbpsという規格値のルーターが最速になります。しかし、11ac対応のルーターとパソコンを接続しても400M/bpsもでればいいほうです。ただ、1733Mbpsは最速値であり同時に通信可能な合計値でもあります。

わかりずらいので例をだすと【1733Mbps規格値の場合】

400M/bpsで通信可能なパソコンがあった場合4台までは400M/bpsのまま接続できる計算になります。

これを踏まえてなぜ価格差があるのかというと「規格値の速さ」で変わるということ

ちなみに規格値が低いと複数台の端末を接続すると速度が落ちてしまいます。
逆に規格値が速いと複数台の端末を接続しても速度は落ちないということです。

 

ルーターの選び方「購入するならこの無線LANがおすすめ」

 

ワンルーム一人暮らしにおすすめなルーター

バッファロー WMR-433

規格値は433M/bps

 

一軒家でも安心して使える

NEC Aterm WG1200HP


階をまたがる使用でも受信感度は良好で、快適な通信が可能です。
規格値は867M/bps

 

複数台接続したい場合におすすめ

バッファロー WXR-2533DHP

これであれば複数のパソコンが同時接続しても速度はおちません。

規格値は1733M/bps

 

以上がパソコンのネットが繋がらないを極力減らす無線LANルータの選び方「最新11ac対応編」でした。

今回の内容でなぜ無線LANルーターは価格に大きな差があるのかがわかったと思います。是非その辺りを考慮して今後ルーターを購入する場合は選んでもらえたらいいと思います。

スポンサーリンク

 

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ