動画を副音声字幕付のMKV形式にするならフリーソフト【Handbrake】がおすすめ

本日は、動画を副音声字幕付のMKV形式にするならフリーソフト【Handbrake】がおすすめをみなさんに紹介していきます。

前回、動画をMP4形式にするなら「XMediaRecode」がおすすめなのは紹介しましたが、今回紹介するのはMKV形式にするためのおすすめのソフト【Handbrake】です。

【Handbrake】も、無料で使えるオーサリングソフトになりますので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

動画をMKV形式にするオーサリングソフト【Handbrake】

今回は、動画を副音声・字幕付きのMKV形式にするおすすめオーサリングソフト【Handbrake】を紹介していきます。

前回の記事では動画をMP4形式にする【XMediaRecode】を紹介しました。
動画を変換するならおすすめはMP4かMKV形式へ|おすすめの動画変換フリーソフト

またおすすめの動画形式についてもふれています。

マイナーな動画形式だとDVDなどにしたときに見れない可能性もあるので動画形式は、前回紹介したMP4形式かMKV形式にするようにしましょう。

スポンサーリンク

 

【Handbrake】の特徴

無料で使えるオーサリングソフト

【Handbrake】は動画を副音声・字幕付きのMKV形式に変換することができます。

また、変換設定が詳細に行うことができ、変換前にプレビューで確認することもできます。プレビューを行うことにより時間をかけて作成した動画のミスを事前に防ぐことができます。

注意点は、日本語版も存在しますがバージョンが古いので、英語版の最新バージョンを使用するようにしましょう。

 

動画形式をMKV形式にする【Handbrake】の使い方

最新の【Handbrake】をダウンロードする

【Handbrake】の基本画面

新しいSkitchファイル

  1. ツールバー
    動画の読み込みや変換に関する操作はここで行います
    プレビュー動画の作成もできる

  2. 基本設定
    読み込んだ動画のどの部分を変換するかなどの設定、変換した動画の保存先・形式を指定することができます
  3. 詳細設定
    詳細な変換設定を行えます
    動画に含める音声や、字幕、画質に関する設定が可能です
    英語でよくわからない部分は標準のままで大丈夫です
  4. プリセット
    ここは基本なにもさわらなくてOK

 

■動画ファイルの登録

新しいSkitchファイル7

ソフトを起動後
「sauce」をクリックし「file」から変換したい動画を選択しましょう

 

■動画の変換したい形式と保存先を決める

新しいSkitchファイル2

ここでは動画の保存先と変換形式を選択します
副音声や字幕付きにしたいなら動画形式はMKVを選びしょう

 

■音声の選択

新しいSkitchファイル1

詳細設定の「Audio」へ
タブを開き動画で利用する音声を選択しましょう
複数の音声を登録したいときは「AddTrack」から追加する

 

■字幕の選択

新しいSkitchファイル3

動画に字幕を追加したい場合は「subtitles」へ
タブをクリックし「AddTrack」から字幕を追加しましょう

 

■プレビュー動画を作成する

新しいSkitchファイル4

変換設定がすべて完了したら
ツールバーの「preview」をクリックしましょう
プレビュー時間は変更することができます
「play」をクリックすればプレビューが始まります

 

■プレビューでの最終確認

新しいSkitchファイル5

1つのプレビュー動画ではわからない場合は変換シーンを変えてプレビュー動画を再度確認

 

■動画を変換する

新しいSkitchファイル6

変換設定でミスがなければ「Start」をクリックしましょう
変換完了後、保存先のフォルダを開けばファイルがあるはずです

 

■複数の動画をまとめて変換する

ツールバーの「add to Queue」をクリックすると変換設定がキューに登録されます
全動画の変換設定をキューに登録してからまとめて変換するようにしましょう

 

動画をMKV形式にするオーサリングソフト【Handbrake】まとめ

 

■MKV形式にするなら無料で使えるオーサリングソフト【Handbrake】がおすすめ

■MKV形式は副音声・字幕つきの動画を作成することができる

■MP4形式にするなら【XMediaRecode】と使い分けるといいかも

スポンサーリンク

おすすめの関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ